JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

14歳の、黒猫なんですけど。。。食欲なく、どんどん痩せてって、病院に、連れていき、血液検査したんですど、正常ですねと

質問者の質問

14歳の、黒猫なんですけど。。。食欲なく、どんどん痩せてって、病院に、連れていき、血液検査したんですど、正常ですねと、言われ。。。血液検査でも、出ない場合の、原因を教えてください
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

まずは血液検査の項目が少ないということが考えられます。

検査項目はとてもたくさんありますので、疑わしければ、どんどん費用の高い検査へ進んでいくのがいいでしょう。

高齢猫に多い、甲状腺機能亢進症は、検査センターで調べてもらうような血液検査です。

また、同様に多発する膵炎の検査もお勧めです。

心臓病は一般的には血液検査ではチェックしませんので、高齢猫の場合には心筋症という病気やフィラリア症などは超音波検査が有効でしょう。

脳腫瘍も一般的にはMRIなどの検査が必要です。

胃や腸などの消化管も血液検査では分からないと言っていいでしょう。高齢猫ではリンパ球の癌が腸にできていることが多いです。

病院内で簡単にチェックできる血液検査は、肝臓、腎臓くらいでしょう。

できれば、精密検査へ進んでいき、予算内で治療できるものは治療してあげるといいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

20日に、見てもらい。。。28日に亡くなりました


1~2ヶ月前まで、すごい元気だったのに、急に元気がなくって


原因がわからないまま亡くなったんで、納得がいかないんですよね


 


やはり、病院に原因が、あったんでしょうか?


 

専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

亡くなってしまったんですね。

お悔み申し上げます。

それであれば、甲状腺機能亢進症に心筋症が併発し、急性心不全を起こしてなくなった可能性が高いように感じます。院内の血液検査では判定が困難ですので、異常なしとの結果だったのでしょう。

動物病院の方針によるところが大きいと思いますが、最初から、何万円もする検査をして、ご請求することは躊躇されます。飼い主様の予算や経過を見ながら、決めていくことが多いのではないでしょうか?今回は急性心不全の発作が起きたので、再診して、判断する時間的な余裕がなかったのではないでしょうか。個人的には病院に原因があったとは思えないです。

死亡直後に解剖検査をすれば、原因は究明できたかもしれませんが、飼い主様からの承諾を得られることは、私の場合にはほとんどありませんでした。

猫 についての関連する質問