JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

雄猫、推定14歳ぐらいと思われますが、先日前足がビッコを引くようになったため近くの獣医に連れて行きました。 結局原

解決済みの質問:

雄猫、推定14歳ぐらいと 思われますが、先日前足がビッコを引くようになったため近くの獣医に連れて行きました。
結局原因はよく分からなかったのですが、この時、消炎及び痛み止めとしてメタカム錠(5mg)を処方されました。
しかし、このメタカムを2日間飲ませたところ、翌日以降、猛烈に吐くようになりました。嘔吐物には食べ物が残っていないため、おそらく食欲もなくなってしまったようです。なお、黒っぽい血がまじったような嘔吐物もありました。
その翌日以降は、急速に元気がなくなったため、現在毎日点滴を受けていますが回復の兆しが見えず弱っていく一方です。獣医(別の獣医)によれば腎臓がやられている可能性が高いとの見解でした。
ところで、このメタカム錠ですがいろいろ調べてみると猫の場合は体重1kgに対して0.1gを投与するとあります。この猫は5.5kgですから、1回で5mgを与えるということは約9倍もの過剰投与を行った計算になります。これが現在の容態悪化を招いたとしか考えられないのですが専門家の意見を知りたいと思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご 質問ありがとうございます。

確かにその量は多いです。
時に0.3mg/kgくらいは使うことがありますが、その量であれば副作用が出る可能性はあります。
おそらく、今の症状は胃粘膜が荒れて胃潰瘍などになっているために、胃の中で出血して黒い血を吐いている状況だと思います。

治療としては点滴と共に、胃酸を抑える薬や胃粘膜保護剤(スクラルファートなど)を与えてとにかく胃の粘膜の回復を待つことです。
バリウムが胃粘膜のコーティング作用があるので、バリウムを飲ませることも効果があがることがあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございます。


ただ、現在は、胃粘膜がやられている云々の状態で済む話ではなく、歩行も困難になるほど状態が悪化しているのです。呼吸するのもつらそうです。


前回も書きましたが獣医の話では腎臓がやられているとのことです。尿への血液反応も顕著に見られます。


このまま点滴だけ続けていっても助かる見込みがないと


予想しております。


書き忘れましたが昨日より体温が35.9度に下がっています。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

そうですか。
体温が下がるというのはかなり危険な状態といわざるを得ません。
かかれていた症状である胃腸障害を前提として話していましたが、腎障害や肝障害もメタカムの副作用の一般的なものになります。

メタカムによって腎血流量が著しく低下して、腎臓の細胞にかなりのダメージを受けることがあります。
ただし、その量を二日間でそこまで激しい腎不全を起こすことは通常は多くないので、もともと軽い腎機能の低下があった可能性はあります。

残念ながら急性腎不全の治療法はとにかく点滴やドーパミンを使って、腎血流量をあげて、残っているネフロンがうまく働いてくれるのをまつのみになります。
動物の分野では透析も難しく、数カ所の病院ではやっていますが、一般的ではありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございます。


先ほど2日と書きましたが、正確には3日分(5mg×3回)


与えていたことが分かりました。2日連続で与えて、1日


置いて3回目を与えたと思います。その後症状が悪化したため薬と何か関係があるのかと感じ服用を中止した次第です。


 


なお、つい先ほど呼吸困難状態となり息を引き取りました。元気がなくなってから5日後です。あっという間でした。


 


ところでメタカムと一緒にツルデックという錠剤(胃腸薬?)ももらっていたのですが、これを同時に飲むということはメタカムの副作用軽減に有用なのでしょうか。


処方された薬について、服用方法やそれぞれの効能等は一切獣医から説明を受けなかったのですが、何となく


一緒に飲ませるものだろうと感じ、飲ませたのですが、


ツルデックだけを吐き出していた可能性もあり、ひょっとしてメタカムの副作用が強く影響を与えていたのではと悔やまれるところです。


 


確かに軽い腎臓の障害があったかも知れませんが、高齢猫では多いことと聞いております。獣医ならば当然そのことは認識しているところだと思われます。


 


14歳と高齢であるにもかかわらず規定量の9倍(下記サイトによる)もの過剰投与を行ったことが今回の急死の原因である可能性は高いと考えます。


 


http://drugmanual.wiki.fc2.com/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%83%A0

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。

まずは、お悔やみ申し上げます。

ツルデックはラニメルクといわれる胃酸を抑えるお薬ですので、胃潰瘍には効果はありますが、腎不全を起こさないようにすることは難しいです。
それを飲んでいたらもしかしたか胃からの出血は防げたかもしれませんが、腎不全には効果はなかったでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問