JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

猫ですが、1年位前に肛門腺が破裂して病院に行きました。それから1か月に1回ぐらい病院に行って 治療を受けていますが

解決済みの質問:

猫ですが、1年位前に肛門腺が破裂して病院に行きました。それから1か月に1回ぐらい病院に行って
治療を受けていますが、泣きながら相当あばれるので、2人がかりで押さえつけて肛門腺に溜まったものを、指を肛門に入れて出してるようです、余りにも可哀そうで見てられません。
そこで手術してもらおうと思ったのですが、血液検査で腎不全にかかってるので、手術ができないと
いわれました。何かいい方法はないでしょうか。生後10年たっています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

1年まえに肛門腺破裂を起こしたことがある猫ちゃんということですね。

肛門腺の貯まり具合にもよりますが、一般的には月に1回も絞る必要があるのかなとおもうのですが、毎回絞るとかなりの量がでるのでしょうか。しかもかなり、硬い固形物状のものがでるということでしょうか。

犬ならば絞りにくいので肛門に指をいれてしぼることはたまにしますが、猫ではあまりしないと思います。

そこまでしなくとも月に1回ならば慣れた人ならば肛門の脇を押さえるだけで上手にしぼれますが、いかがでしょうか。その獣医さんのやり方というものがあるとは思いますが、ちょっとやりすぎかもと思います。

また、腎臓が悪いのであれば今後その治療をしっかりしていく必要がございます。ロイヤルカナンの腎臓サポー トを食べさせるとか、週に一回の皮下点滴に通うなどです。特に食事療法は重要です。慢性腎臓病は治す病気ではなく、できるだけこれ以上悪くならないようにコントロールしていく病気ですので日ごろのケアが大切です。10歳というまだ初老程度の年齢で腎不全になっているということであれば、そちらの原因を詳しく調べる検査をされてしっかりした治療方針を立てる必要がございます。本来まだまだ長生きできるはずですので、腎臓病の管理をしっかりしていくことは重要です。

肛門腺の管理については、いろいろな病院での治療の仕方がございますので、一度他の病院にかかってみられることをお勧めいたします。

私であれば、腎臓病の治療をしつつ診察時に肛門腺もついでにチェックし、必要なら肛門に指を入れずに外から一回だけ絞るというやり方で十分コントロール可能かと思います。

どんなによかれと思ってされている治療でもやりすぎはよくないと思います。飼い主様はその獣医さんを信頼されておられてどうしてもその先生がいいのでしょうか。

そうでない場合には、一度他の病院での診察も受けられることをぜひお勧め致します。肛門腺の破裂は猫でも犬でもありますが、印象として再発率はそれほど高くないと思います。管理の方法も場合によってはご自宅で絞ることができる人もいますので、一度肛門に指を入れないで絞る方法を教えてもらいできるかどうかご自分で試していただくのも選択肢の一つだと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。乾燥したような固いものです


腎不全をある程度直したら、麻酔をして手術ができるのでしょうか?


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

お返事ありがとうございます。

すぐ返事をかきますので、あと15分ばかりおまちください。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

肛門腺が固いということですか。

腎不全の程度にもよるとおもいます。クレアチニンと尿比重が分かりやすい指標になります。

一般的に猫はクレアチニンが1以下で尿比重は1.035以上です。

初期の腎不全はクレアチニンは変化ないですが、尿比重が1.035以下になります。

また、もう少し進んできますとクレアチニンが1.6以上になります。

クレアチニン2の患者さんでは腎機能の75%が失われていることになります。

2を超えていると腎臓病と診断されます。

ですので、確かにクレアチニン2以上3以下の患者さんは獣医師は麻酔をかけづらいです。

しかし、手術前にしっかり静脈点滴しておき、術中術後も点滴をしっかりすれば短時間の麻酔はできると思います。後は担当される獣医さんのご判断だと思います。

慢性の腎臓病は治る病気ではございません。腎臓は血液をろ過しておしっこを作りその尿の中に老廃物も捨てる機能をもっています。腎臓の中には糸球体という 血液をろ過する装置が100万個くらいありますが、加齢など様々な原因によりそのろ過装置が壊れて数が減っていきます。一度壊れた糸球体はもう治りませんので、糸球体の数を増やしたりはできませんので、減ったままです。ただし、腎臓は余力の大きな臓器ですから多少糸球体の数が減ってもすぐに命に関わることはございません。ただ、残りの糸球体の数をなるべく減らさないように上手に使っていくということが治療の目的になります。

人では人工透析をしたり、腎移植をしたりしますが、猫の場合はそういうことは一般にはできませんので、そのかわりに皮下点滴をして水分を補給し猫自身の腎臓を使って体にたまる老廃物を少しでも外に出すようにする治療が行われます。

ですので、腎臓病は治す病気ではなく、コントロールしていく病気なのです。

肛門腺の固さにもよりますが、一度他の獣医師にも肛門腺のチェックをしていただくことをお勧め致します。獣医師が変われば治療方針が変わる可能性がありますし、肛門腺絞りに上手かどうかの差は多少あると思います。

issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問