JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

糖尿病と診断された生まれて14年目の猫です 現在、一日2回インシュリンを打っていますが、(15づつを2回)1週間打

質問者の質問

糖尿病と診断された生まれて14年目の猫です
現在、一日2回インシュリンを打っていますが、(15づつを2回)1週間打ったのですが思ったように血糖値画下がらす500くらいです。入院したときは、足がふらついていて検査の結果子宮にうみもあり、子宮摘出と糖尿の治療をうけることとなりました。今は、足のふらつきもなく、元気で食欲も旺盛です。インシュリンが足らないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
使われているインスリンの名前はわかりますか?
インスリンを自宅で打つ前に病院で先生が打たれて、その後の血糖値は確認されましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


おそくなりすみません。レべミルです。5倍希釈を8目盛り一日2回打っていますが、なかなか血糖値がさがりません。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
返答ありがとうございます。
血糖値が500であれば、まだレベミルの量を増やす必要があると思います。
ただ、インス リンは少しの量でガクンと血糖値が下がることもあるので、ここでこの量にしてみてくださいというのは危険ですので、かかりつけの先生と相談されてインスリンの量を増やすときには病院で預かってもらい、その後の血糖値をちゃんと確認してもらってから自宅でその量をうっていったほうがよいと思います。
血糖値が高くてもすぐに急変することはありませんが、低血糖はそのまま死につながることもあります。
自己判断でインスリンを増やすことは危険ですし、先生と相談しながら少し増やしてみてください。

猫 についての関連する質問