JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

推定10歳の雌猫です。チンチラのMIXでやや長毛です。 2年ほど前から右肩あたりに柔らかい腫瘍を見つけました。

解決済みの質問:

推定10歳の雌猫です。チンチラのMIXでやや長毛です。
2年ほど前から右肩あたりに柔らかい腫瘍を見つけました。
つまむと皮膚から容易に離れる感じなので、悪性腫瘍ではないと考え様子を見ていました。
ここ数ヶ月は卓球 ボールくらいの大きさになっており、今週獣医師に診せようと思っていました。
昨日外から帰ってきましたら、腫瘍がつぶれており自分でなめたようで中心部に2mm程度の穴があき内容物が出たようでした。
寝ていたシーツにも今朝透明液状の浸出液が付着していました。
今からでも受診したほうがよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

つぶれて液体がれており、しかもその色が透明の液体の場合一番考えられるのは、毛包嚢胞といって毛を作っている細胞の部分に袋ができて液体が貯まる一種の炎症の可能性が高いと思います。一般的には袋が今回のように破裂する前に、細い注射針をさして中身の液体を抜き取り、スライドガラスに塗りつけて染色し顕微鏡でどんな細胞がでているかを調べて確認します。

また、この袋は一旦弾けてペタンコになってもまた時間が経つと液体が貯まり始めます。病院ではこのような場合液体がたまってきたら弾ける前に細い針を刺して抜き取ります。貯まったらまた抜くという方法をします。

根治療法は外科切除です。麻酔をかけてその部分を切り取ると、その部分については根治しますが、また体のほかの部分に同じようなものが出てくる可能性はあります。

一般的には見た目の問題であって、それ自体特別悪さをすることはございません。

べとべとして猫ちゃんが嫌がって舐めるなどしてばい菌が入り化膿するといけませんので、ご自宅ではよくべたべたをふきとってあげることをお勧めします。緊急性はないですが、時間のあるときにかかりつけの先生に報告もかねて、診察をうけていただくことをお勧め致します。診察をうけていただくと、抗生剤が化膿止めとして念のために処方されるかもしれません。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問