JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

慢性腎不全

解決済みの質問:

8月28日に慢性腎不全と診断され、毎日約1カ月皮下注射を500ml行ってきました。 5日おきに採血。9月1日にはCreが7.4まで上昇。以降順調に下がりました。 しかし、9月21日にはCre3.5台と前回(5日前)と横ばいだったので、血管拡張剤、活性炭の投与を開始しました。食欲もなく、 キドナを強制給餌してなんとか9月26日にはCre2.8 Bun42.6にまで下がりました。そこから1日おきに皮下注射を変更し、食欲も少しずつ回復してきましたが、10月2日にCre3.2と上昇。Bunも46.2が56.9に上昇したので、また1週間毎日皮下点滴をしました。しかし、10月10日の結果はCre3.2 Bun44.1と横ばいで、これがこの子の限界だと考え、皮下注射を1日おきに変更しました。猫は体重も6.8~7.0を自力で 維持できています。本来は最高で7.2あったのですが。 脱水はほとんどなく、今のところ貧血もありません。 吐き戻しやその他の症状はありません。 点滴を1日おきにすると、ストレスが無いせいか、若干元気なような気がします。 いつも通り甘え、毛並みも毛艶もよく、起きている時間も長くなっています。 医師は隔日にして点滴量を増やすこともできますと話してくれますが、この方法をとって良かったのか、最良の選択だったのか、悩んでいます。 治らない病気であることは、重々承知です。 しかし、少しでも長生きしてほしい思いと、猫のQOLを考えると苦しくなってしまいます。 アドバイスよろしくお願いします。 猫の性格は優しく、甘えん坊で繊細です。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
皮下注射を一回で500ml一気にしていたのでしょうか?それはちゃんと吸収されていましたか?
猫に補液するにはかなりの量ですが、1日おきにされるとしたらこれをさらに増やされるのでしょうか?今は食欲もあり、お水も自分で飲める状態ですよね?
質問者: 返答済み 5 年 前.

一気に500しています。


身体に残っている様子もないということでしたし、体重の増加も目立ってありませんでした。


呼吸音も正常で、手足のむくみもありません。


食事は食べます。(腎臓用のロイヤルカナンから出ている治療食です)


水は飲みません。

専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
そうですか… 500mlを吸収できて、水も飲まないということは相当脱水してそうですね…。

普通は一回に多くても100くらいしか入れませんので、今現在は何も支障がなくても、今後胸水や腹水がたまってきたり、感染を起こしたり 、むくみなどがでる可能性もありますので、正直あまりおすすめはしません。食事をとるならば、少しでも水分がとれるように缶詰タイプのものをあげたりなど、少しでも補液の量を減らした方がよいと思います。
この値でしたら隔日でも十分だと思いますし、できれば水分はなるべく食事でとるようにして皮下からは減らした方がよいと思います。そうしないと、この値でこの量を入れていたら、さらに値が上がったときにとても困ると思います。
皮下補液は楽なのでよいですが、あまり大量を長期間続けると、思わぬ副作用を起こして命をそれで落としかねませんので、気を付けた方がよいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

以前、隔日にしたら、自分で水を飲んでいました。


 


 


かかりつけの先生も、ずっと点滴しているわけにはいかないと話してはいました。


 


Creが3.2でも毎日の点滴は必要ないのですね。


 


どうしてもデータに振り回されてしまいます。


 


ウェットの食事は嫌いな様子で食べてくれません。


カリカリがやっと。


でも、治療食を少しずつでも食べてくれているので助かります。


 


先生のおっしゃる通り、猫のストレスも考えて、隔日から引き延ばしていけるようにかかりつけの先生とも話してみます。


 


 


 


正直、経済的にも難しくなってきました。


もちろん、できることは全部してあげたいと思っていますが。

専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
そうですね、データーが気になってしまうのは仕方ありません。
でも、データーがすべてではなく、猫ちゃんの症状を見て治療していったほうがよいと思いますよ。
腎臓の値が 上がった段階でもうすでに腎臓の機能は1/4しか残っていませんので、それをどう残すかというのが治療の基本となります。値を下げるのが目的ではないですし、食事を食べるならもう少しペースをあけてもよいと思います。
それにストレスも猫ちゃんの腎臓の値をあげると言われていますので、あまり毎日ストレスを与えるのもよくないかと思います。
補液を隔日にしたら、水を飲んだということは、やはり補液の量が多くて喉も渇かないのではないかと思います。できれば自力で飲んだ方がよいですし、間隔と量は相談されたほうがよさそうですね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。


 


実は、昨日は治療しても下がらないことを悲観して精神的に落ち込んでしまいました。


 


でも、数値も大事ですが猫の日々の暮らしがどれだけリラックスできるかが重要ということがわかりました。


そう長くはないと思われる愛猫のために、上手に治療をしていこうと、気持ちを切り替えることができました。


 


今は楽そうに生活しています。


 


猫の前で悲しそうにせず、私もリラックスしてかかわっていこうと思います。


 


予後も気になりますが、今は楽そうにして私に甘える猫を大事にしていこうと思います。

専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
そうですね、経験上、この値ならまだまだ頑張れると思いますし、早く発見できた分、よかったと思います。
猫ちゃんの体調を見ながら、必要であれば補液をしていくという形をとるほうが猫ちゃんにとっても飼い主さんにとってもよいと思いますよ。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問