JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

12才の猫(アビシニアン)女の子 腎不全末期のため、自宅で皮下輸液をしています。 お聞きしたいのは、今まで3回の

解決済みの質問:

12才の猫(アビシニアン)女の子
腎不全末期のため、自宅 で皮下輸液をしています。
お聞きしたいのは、今まで3回の輸液のうち2回、輸液をしたたぶん10~30分くらい後に、いつものおしっことは全く量の違う大量のおしっこをします。一回だけ。
もちろんおしっこの量は増えるのが当たり前だし、普通に増えているのはいいのですが、必ず一回大量のおしっこをするのはなんなのでしょうか?
輸液をしてもその分がほとんど出てしまって、結局水分量が足りていないのではと心配しています。
輸液量は、1回100mlを2回です。
状態は、おそらくいつどうなってもおかしくない状態で、奇跡を信じて片時も離れず、介護している状態です。
水も食事もとらず、歩くのもやっとです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず飼い主さんの言うとおり点滴をした後におしっこが増えるのは普通です。
ただし、10分後というのは少し早い気がしますが、点滴をすることによって一時的に体内の水分量が増えて(腎不全を持っているとほとんどの子は脱水をしていますので、体内の水分量は健康な子よりも少ないです)、腎臓への血流量も増して、おしっこが増えます。
30分から1時間後に大量のおしっこをするという子は少なくありません。
その際に老廃物もある程度おしっこに出ていきますので、たとえ薄いおしっこを大量にしたとしても効果はあります。

腎不全の末期で4日静脈点滴をしても数値が下がらないというのは、腎臓の機能がかなり落ちている証拠ですので、確かにかなり厳しい状況であるとは思えます。
ただし、 声が出せるようになり短距離なら歩けるようになったというのはまだ改善の可能性が残っている証拠です。
あまり点滴量を多くしすぎると胸に水がたまってしまう(胸水)のでおそらくその量以上にはしない方がいいですが、他にお家で出来ることといえば何でもいいので食べてくれそうなものを食べてもらうということです。
腎不全の場合は塩分やリン、たんぱく質の多いものは基本的には控えた方がいいですが、何も食べてくれないよりはそういったものが少し多いものでも食べてくれた方がましです。
病院でa/dなどの匂いや嗜好性のいいご飯をもらってくるか、何種類か缶詰をペットショップで買ってきて、暖めて臭いを出して与えるかして、ほんの少しずつでも食べてもらうとだいぶ違います。

それから腎不全の子で大量に点滴をしていても食べない子の場合はカリウムが落ちていることが多いです。
定期的に腎臓の値だけでなく、カリウムを測ってもらいましょう。
カリウムは腸の動きや筋肉の動きに関連していますので、これが下がると、それらの動きが落ちて余計に弱ってしまったり食べません。
下がっている場合は点滴にカリウムを足して補充してあげると状態が改善してくることが多いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。


改善の可能性があると返信いただき、もう少し細かくお聞きしたいのですが…


初めの質問の、大量おしっこは、その時一回だけ大量になりあとは通常通りなのですが、そういうことは普通にあるということでいいのでしょうか?


その直前にした輸液がほとんど出てしまい、輸液が体内の水分である時間がごくわずかで、あとは脱水状態になっているということですか?


そして、本人も常に水を欲しており、でも自力では飲めず、シリンジで水を飲んでもらおうとしているのですが、その行為自体嫌がり、なかなかごっくんもしてくれません。


口の中を濡らす程度のことしかできず、もどかしく感じています。


なので、輸液は少し増やして見ようと一日量まずは50ml増やしてみようかと思っているのですが…駄目でしょうか?


 


あと、確かにいろいろな数値がおそらく原因としてあるとは思うのですが、私が一番気になるのは口の中に(見せてはくれないので程度はわかりませんが)おそらくひどい口内炎になっていると思われます。(匂いはひどいです)


口の周りも炎症を起こしてしまっているので、その辺で食べたり飲んだりが、いやなのかなとこの子の性格上思ったりしています。


あとは匂いもひどいので、それで鼻が利かなくなっているのでは?


やってはいけないことでしょうけれど、人間の食べる生クリーム、アイスクリームなど乳製品系は大好きなので、たまにあげたりしていたのですが、今はそれでも食べてくれればとちょっと見せてみたり、あげてみたりしたのですが、見向きもしません。


もう、皮と骨しかないと思われるので、私もそこが一番気になっています。


何とか少しでも食べてもらはないと治るものも治らないと心配です。


あと、睡眠をまるで取っていないかのように常に目を開いている状態なのですが、目を開いたままボーっとしている状態でも、少しは睡眠をとっている事になるのでしょうか?


とにかく、睡眠を取って回復し、食事をとって病気と闘ってほしいと思っています。


 


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

おそらく飼い主さんの言うとおり、脱水が激しいために水分を入れた分をすぐに吸収しておしっことして出すのに必要な分がすぐに出て行 ってしまっている状態かと思います。
正直なところ、文面のみで増やしていいですよということはできません。
おそらく少し増やしてもいいかと思いますが、それをするためには水和状態を見たり、呼吸音などを聞きながらやらないと、胸水が出てしまったら水分のバランスを取ることが極めて難しくなってしまうためです。
おそらくは増やしても大丈夫でしょうが、それは病院と相談されたほうがいいです。

それから口内炎も腎不全の猫ちゃんに出てくる併発症の一つで、これによって水分や食事を取れずに余計に脱水してしまう原因の一つになります。
水を生ぬるい程度にしてあげると少し飲みやすいかもしれません。
それからステロイド剤(非ステロイド性抗炎症薬は脱水の子には禁忌です)を使ってあげると口内炎がある程度落ち着くことが多いです。
副作用の面など言われる方もいますが、文章から判断する限りではメリット(痛み、炎症が治まる、食欲増進作用があるなど)が圧倒的にデメリットを上回ります。
単発的に使えば副作用もほとんどないですし、半日以内に効果が出てきますので、これに関しても相談してもらった方がいいかと思います。


本来であれば脱水がそれほど激しい子の場合は静脈から常に点滴をしてあげた方がいいのですが、おそらくさくらちゃんの場合はお家での方がいいのではないかと思います。
僕も何度か経験したことがあるのですが、病院で入院していても状態が改善しなかったり、数値が下がらない子が、家での点滴に変えた後に少しずつ良くなったということが時々あります。
ですので今のお話を聞く限りでは静脈点滴をするメリットよりもお家での飼い主さんと一緒にいることのリラックス効果の方が高いのではないかと思います。

ですから再度状態を診てもらって(通院あるいはやっていれば往診でもいいと思います)、点滴量、ステロイド、カリウムの相談をされたほうがいいのではないかと思います。


japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問