JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんにちは。知識のない私に丁寧な回答をくださり感謝しています。 今日はβグルカンと貧血について教えてください。ご存

質問者の質問

こんにちは。知識のない私に丁寧な回答をくださり感謝しています。
今日はβグルカンと貧血について教えてください。ご存知の先生にお願いします。
シャムオスはエイズにも罹っていることが分かり、姫マツタケが免疫アップにいいと聞きました。
私が調べたところ、姫マツタケの有効成分はβグルカンで、この原料は姫マツタケhttp://www.o-shien.com/liquid.html (1.6結合)の他にパン酵母http://b-glucan.jp/?mode=f1 (1.3結合)、黒酵母http://vitalmore.co.jp/vital-beta-fucoidan _Explanation.html (1.3結合と1.6結合)が多いと宣伝しています、ハナビラタケhttp://www.utk-shop.jp/products/detail.php?product_id=12(1.3グルカン)、他多数、があるそうです。
質問1.どの結合タイプが猫に良いですか?
質問2.リンパクトhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/dogworld/lympact01.htmlはいろいろ入っていますが、βグルカンだけよりもいいですか?(何結合か分かりますか?)
質問3.少し貧血気味ですが鉄剤は今から飲んだほうがいいですか?赤血球容積が20をきったくらいからでいいですか?
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

1.これはまだ猫ちゃんへの大規模実験が行われていませんので、はっきりしたことはわかっておりません。
本当に効果があるかどうかも厳密にいえばはっきりとしていないところです。
療法含まれている方が免疫力アップにはいいといわれています。

2.おそらくいいでしょうとしかいえません。
結合に関しては、三種類のキノコ(アガリ クスタケ、マイタケ、シイタケ)の成分を含んでおり、キノコは1-3,1-6どちらの結合も含まれています。

3.鉄材に関してはよく勘違いされている方もいますが、鉄欠乏でなければ飲む必要はありません。
猫エイズからの貧血の場合は。鉄欠乏であることは少なく、まずはエイズの影響をできるだけなくすために、免疫力のアップを目指すべきです。
もし鉄材を飲ませるのであれば、血液検査で血清の鉄濃度を調べてそれが低い場合にされたほうがいいです。
鉄材は胃腸への刺激が強く、吐いたり食欲を落としたりすることが多いので。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

参考になりました。ありがとうございました。


免疫アップのことについて追加質問させてください。


質問1.私のシャムネコの場合、もうインターフェロンはあまり効果が期待できないですか?


質問2.キトサン、ブロリコはどうでしょうか?
質問3.他に何か効果がありそうな薬はありますか?


よろしくお願いします。


 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
再度の質問ありがとうございます。

1.インターフェロンに関しては、抗ウィルス作用があるので、ある程度効果がある可能性はあります。
初期であれば時 にウィルスの陰転(ウィルスが陰性になる)こともあり、今の自邸んでそれは望めないとは思いますが、ウィルスが増えるのを抑制できる可能性はあります。
これに関してもはっきりしたことが分かっているわけではないですが、サプリメントに比べると効果は期待できますので、費用面で問題ないのであれば一度試してみてもいいでしょう。

2.これらのサプリメントに関しても、大規模な比較実験が行われているわけではなく、あくまでメーカーが主張しているだけですので、正直なところ効果がどの程度あるかはわかりません。
試してもいいとは思いますが、効果に関しては不明といわざるを得ません。

3.猫ちゃんのエイズに関してはまだお薬が出てきていないのが実際です。
とにかく一番は栄養状態を落とさないということになるので、徐々にやせてきている場合には食欲増進剤や胃酸抑制剤などを使うことは補助になります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

おはようございます。
早速、インターフェロン頂いてきました。液体の飲ませるお薬で安かったです。


 


質問1.インターフェロンの副作用を調べると「不可避の副作用としては頭痛、発熱に筋肉痛や全身倦怠感といった風邪のような症状、食欲不振や意欲低下などですが、


これらの副作用はインターフェロン投与開始数日後には自然に消失していくので、比較的軽微であるといえます。」とありました。


私の猫は心臓の薬のほかに吐き気止めと食欲増進剤を飲んでいますが、どんなことに気をつけたらいいでしょうか?どんな症状がでたらすぐに病院に電話したほうがいいのでしょうか?


質問2.ずっと続けたほうがいいのでしょうか?


 


質問3.他の猫のことですが、尿に細菌がいたのでアモキシシリンを飲ませています。あるhpで猫にこの抗生物質は危険と書いてありましたが、大丈夫でしょうか?


よろしくお願いします。急いでいません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
1.インターフェロンの副作用は猫ちゃんであれば稀です。
基本的には嘔吐や食欲不振、発熱などの症状が出た場合は念のため病院に連絡しておいた方がいいでしょう。
軽いものであれば、2,3日で治まりますが、念のため、電話でもかまわないので病院に報告しておいた方がいいでしょう。

2.インターフェ ロンの効果はまだはっきりとしていませんが。抗ウィルス作用があるのはおそらく間違いないので、副作用が出なくて経済的にも問題なければ続けていかれたほうがいいでしょう。

3.アモキシシリンはかなり猫ちゃんに使う抗生剤で、特別猫ちゃんに危険ということはありません。
尿路感染にもよく使うので、特別問題はないでしょう。
嘔吐や下痢を起こすことがあるので、そういった場合は投薬を中断して病院へ相談されたほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございまいした。
インターフェロンの投与時間ですが、食前、食後、食間、いずれがいいでしょうか?


よろしくお願いします。急いでいません。


 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
インターフェロンの投与期間は特別大きな決まりはありません。
どれがいいということはないと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事ありがとうございました。
マイタケ成分についても興味があって調べていたのですが、DフラクションとMDフラクションは同じものでしょうか?


よろしくお願いします。急いでいません。


 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
DフラクションとMDフラクションというのは厳密には違うものです。
同じようなうたい文句で、どちらもマイタケエキスからできていますが、MDフラクションはDフラクションの後発品であり、作っている会社が異なります。
どちらがいいのかということに関してはそういった研究がありませんので、何とも言えませんが、もともとの商品はDフラクションです。
MDフラクションは類似品だと思ってもらった方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事ありがとうございます。


マイタケを煮て出てくるエキスがDフラクションらしいのですが、


1.煮汁を飲めばサプリメントと同じ効果が期待できるのでしょうか?熱に強いのでしょうか?


2.あまった煮汁は冷凍しておいて、飲むときに解凍して飲んでも同じ効果が期待できるのでしょうか?


お返事お待ちしています。急いでません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
Dフラクションなどは有効成分といわれているβグルカンがかなり濃縮されたものです。
マイタケの煮汁で効果がないとは言いませんが、Dフラクションを飲むのに比べるとだいぶん効果は低いと思ってもらった方がいいでしょう。

それからβグルカンは温度に対して安定だと言われているので、煮込んでも冷凍しても活性はほとんど失われないようです。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

こんばんわ。いつもありがとうございます。
以前から相談しているシャムオスについてです。


推定年齢10歳以上、重度肥大型心筋症、慢性腎不全(BUN65、Cre4.8)、エイズです。食欲もあり、水も飲んでいます。


点滴をした方が調子がいいので毎日朝、晩、家で100mlずつ点滴することになりました。


獣医さんは点滴は毎日した方が効果があると言っていました。


そして、ふか(負荷?)をかけたほうがいいと言っていました。


 


質問1:ふかをかけるとはどういうことですか?


質問2:ここ一週間150mlずつ一日おきに点滴して大丈夫だったのですが、毎日、200ml入れても心臓は大丈夫でしょうか?100mlずつに分けるから大丈夫なのですか?


 


よろしくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず、腎不全のみに関してはできるだけ水分をいれてあげた方がいいです。
負荷をかけるというのは、おそらく過水和(水分過剰)の状態にして無理におしっこを作らせるということだと思います 。

ただし、飼い主さんも心配されていりとおり、心臓が悪いこの場合はその負担ではいに水が溜まってしまうことも多いです。
どれだけの水分をいれれるかは、その子の心臓の状態、脱水の具合によって変わってきますので、どれだけいれられるかというのは、何とも言いません。
毎日200いれられる子もいますが、それで肺に水が溜まってしまう子もいます。

確かに一回200よりも100を二回の方が負担は減りますが、肺に水がたまるリスクはあるので、できれば徐々に徐々に増やした方が僕はいいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事ありがとうございました。
昨日、朝100入れたら、夜まだ皮膚に残っていたので、夜はいれるのをやめました。今日は朝50夜50にしました。様子を見ながら少しずつ増やそうと思いますが、200入れるのはちょっと心配です。。。


 


腎臓が弱る(体が弱る?)と飲んだ水の吸収が悪くなり、飲んでも吸収できないと下痢になって出てくると聞きました。


質問:おしっこで出てくるということは吸収されて出てきているのでしょうか?


よろしくお願いします。


 


 


 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信遅れて申し訳ありません。

腎臓が悪くなって吸収が悪くなるということはありません。
ただし、腎不全により低カリウムを起こすと腸の動きが悪くなり、下痢を起こすことはあります。

ですので、吸収が悪くなるということはありませんが、薄いおしっこを大量にするので、脱水症状を起こすことがあります。
脱水症状を起こしておしっこが少なくなるのが一番危険ですので、飲んでくれるのであれば水分は多めに与えてもらった方がいいでしょう。

猫 についての関連する質問