JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

もと野良の8歳のオス猫。エイズによる口内炎・歯肉炎を3年前に発症。ステロイド、抗生剤を数回打ちました。1年半前から、

解決済みの質問:

もと野良の8歳のオス猫。エイズによる口内炎・歯肉炎を3年前に発症。ステロイド、抗生剤を数回打ちました。1年半前から、漢方(ササスペ)を投与。そのためか、この1年半は、特に重大な口内炎・歯肉炎にならず、口臭が強くなり、食べなくなった時に抗生剤( コンベニア)を注射して対処していました。
ところが、喉の奥に口内炎、下の前歯に歯肉炎が発症し、2日前にステロイド(デポメドロール)とコンベニアの注射をしました。
ステロイドはなるべく避けたいので、サプリメント・漢方で免疫を高めて、ステロイドの注射を抑えていきたいと思っています。
そこで質問ですが、ある猫の病気についての書物に、ステロイドの仕組みは「炎症に関わる免疫細胞の働きを抑える」「免疫細胞が信号を送るための物質が作られないようにする」とあり、サプリ等で免疫を高めると、ステロイドの機能と矛盾し、抗炎症効果が減るように思うのですが、今の段階でサプリ・漢方等を与えて、免疫を高めても問題はないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かにステロイドの効果は免疫抑制作用になります。
猫の口内炎では免疫反応が強くですぎるために炎症が出ることが多いため、それを抑えることが多いです。

漢方やサプリは免疫増強作用があるものと免疫調整作用があるものがあります。
漢方はご自分で調べてお使いになるおつもりですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

今まで、与えていた(問題なければ継続して与えていく予定)のサプリは、Dフラクション、最近始めたのは、ラクトフェリDX、アロエベラジュース、です。また今、考えているのは、ユッカインテンシブです。(これは、体内のステロイド産出
を誘発するとのことですが、現在デポメドロールを注射したばかりですので、ステロイドが体内に一杯の状態で、いつから与えていいのか判断に迷っています。)


漢方は、横浜の佐野薬局から入手しているもので、「ササスペ」と言います。内容は、「ササヘルス」という液体に「板藍茶」「星火霊芝宝」「椎菌細粒(LEM原末)」を入れているものです。我が家の猫には、鼻炎を改善するために、これに「衛益か粒」も入れています。また、同じく佐野薬局から「ルミンA」という錠剤も送ってもらい与えています。猫の状態を佐野薬局の問診表に記入し、送付すると漢方薬を送ってもらえます。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

正直なところ、漢方というものはどのような機序できいてくるものであるかわかっていないものが多いです。
基本的には体内の免疫細胞(白血球の中にもかなりいろいろな種類の白血球がありますが、それらを活性化させたり、逆に抑制したりすることで、抗菌作用や抗がん作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用などを持つものがあります。
実際のところどの物質がどのような作用をどの程度の力で持つかというのははっきりしていないことが多いので、漢方やサプリメントは様子を見ながら使って行くことが多いです。

実際に漢方の効果を見る場合あるいは効果を最大限に出したいのであれば、ステロイドとの併用は良くありま せん。
ただし、おそらくいきなりステロイドを切ってしまうと、確実に病態は悪化しますので、おすすめはしません。

Dフラクションは細胞生免疫を高め、免疫力をあげるということですが、実際のところはそれもどこまで正確なデータなのかは疑問が残っているところです。
それからユッカインテンシブはステロイドの算出を誘発するとのことですが、それは使うこと自体は問題ないと思います。
体の中にはステロイドに対するネガティブフィードバック機能があるので、ステロイドが過剰になってしまった場合はそれ以上出さないという機能が働きますので。


結論は難しいですが、もしサプリメントに切り替えたい場合は、徐々にステロイドの間隔や量を減らしていくということになります。
漢方の作用機序は正直なところ不解明なことが多いので、併用が禁忌とかはないですし、それほど強い作用があるものではないので、併用して調子を崩すということはないですが、ステロイドの併用だと例え本来効果があるものの場合でも効果がはっきり現れないことがあります。



獣医師としては西洋医学が効果があるのは確かなので、ステロイドを減らしたい場合は、抜歯や口の消毒などを併用することをお勧めしますが、一度漢方を試すのも悪くはないと思います。

japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

漢方やサプリには、免疫増強作用と免疫調整作用とがあるとのことですが、どちらの作用の方が、ステロイドの作用をあまり阻害しないですか?阻害しない方のサプリや漢方を選択したいのですが?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
免疫調整作用のある方です。
ただし、どちらがどの程度あるのかはおそらく解明されているものはかなり少ないでしょう。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問