JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして よろしくお願いします 2ヶ月半の仔猫です。 9/8にブリーダーより譲り受けた子です。うちに来て

解決済みの質問:

はじめまして よろしくお願いします

2ヶ月半の仔猫です。
9/8にブリーダーより譲り受けた子です。うちに来てから翌日あたりからくしゃみをしだしました。
9/12に動物病院につれていきましたが、心配はない とのことでインターフェロンの点鼻薬を処方されました。
あまり効果は見られず、更に白目のところが充血しだし膿み性の目やにがでだしたので
9/15にまた病院へつれていくと、瞬幕がでている ということでリフタマイシンという点眼薬を処方されました。
この薬は2回目以降で目の充血も目やにも止まりました。しかし一応まだ続けています。
インターフェロンも続けていますがくしゃみが止まらず鼻が詰まりだしました。
15日に連れて行った時に 先生から「猫はまれに鼻がくしゅくしゅし続ける子がいて、仔猫時代に治る子もいれば成猫になっても治らず一生その症状のままの子もいる あまり気にすることはない」と言われました。

現在、目やには完全におさまりくしゃみと鼻水が続いていて片方の鼻も詰まってるようです。
呼吸するたびにピスピスとさせ、時折くしゃみ連発しています。
ただ仔猫自身はとても元気で飛び回り、食欲もあり排泄にも異常はありません。

ブリーダーから預かった書類の中に 猫汎白血球減少症 猫ウイルス性鼻気管支炎 猫カリシウイルス感染症 猫白血病ウイルス感染症の予防接種証明書があり9/1に接種しているようです。
また譲り受けた時の話でも病気歴はないとのことでした。

通院している動物病院は 1ヶ月前くらいまで飼っていた腎不全の猫の主治医で、1年の闘病生活を支えてくれた先生です。1日置きの通院で信頼関係は築けているはずです。

くしゃみ鼻づまりがとても気になり病院に連れて行こうかと思いつつ、先生に言われたことも気になり再々度つれていくか迷っています。まだ様子見してていいのか、別の病院にいってみるべきなのか答えがでません。

うまく説明できてないかもしれませんが、よろしくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

何かお薬は飲ませていますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

飲み薬は処方されていませんので飲ませていません

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

まず猫ちゃんの風邪は確かに主治医の先生の言うとおり、若いころにかかった一部の猫ちゃんでは慢性化して大人になってもくしゃみや鼻水が慢性的に出てしまうことがあります。

それからワクチンに関しては一度では完全には免疫がつかないのとワクチン がしっかり聞いてくるまで少し時間がかかる、さらには猫ちゃんのワクチンは猫風邪を完全に防ぐものでなく、免疫をつけることで少しでも重症の症状にしないというものですので、9/1にワクチンを打っていてもかかってしまうことは多いです。

軽いものであればインターフェロンや目薬で治まりますが、少し症状がひどい場合などは風邪に寄って弱った粘膜に細菌が入り込み細菌感染を起こしていることが多いです。
特に鼻づまりなどがあるのであれば点鼻薬だけではうまく効いてこないので、抗生剤のお薬などを飲ませることで改善してくれることは多いです。
慢性化すればするほど治りは悪くなるので、再度主治医の先生に相談されて抗生剤の飲み薬を処方してもらうことをお勧めします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

つっかえていたものがスッキリしました


 


病院につれていくことにします。


ありがとうございました

猫 についての関連する質問