JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

猫エイズのキャリア、7歳♂です。この夏の暑さのせいかなんとなくばて気味でしたが、食欲もほどほどにあり秋になれば元気に

解決済みの質問:

猫エイズのキャリア、7歳♂です。この夏の暑さのせいかなんとなくばて気味でしたが、食欲もほどほどにあり秋になれば元気になってくれるだろう、と思っていました。
ところが、10日ほど前から様子がおかしくなり、8日には押入れのすみや人の手の届かないところに行ってうずくまるようになり、抱き上げようとしても痛いのか怒るように。
ただ事ではないと思い、翌朝9日日曜日、動物病院に受診しました。(3年半ほど前までお世話になっていましたが、転居とともに疎遠になっていました。)
日曜ということもあり、その病院を選ぶしかなかったのですが1時間程車に揺られ、きっと不安もあったのでしょう。
診察台では威嚇しまくり、興奮してとても治療のできる状態ではなく、1日入院して鎮静剤にて安静にした状態で血液検査、点滴等の治療をしていただきました。(栄養剤、抗生物質、インターキャット投与)
血液検査の結果はT-BIL(黄疸指数)2.2、CPK314 K3.2 と異常値を示し(他の白血球、肝機能値等は正常)黄疸(敗血症に伴う)の状態は重篤で毎日の点滴治療 が望ましいとのことでした。
通院治療が可能かどうか悩みながらとりあえずその日は帰宅し、2,3日様子をみることにしました。処方されたニューキノロン系(オフロキサシン)の抗生物質を朝晩餌に混ぜて与えました。
帰宅してからは少し楽になったのか、少しずつ食欲も出てきて、数日後にはカリカリも食べるようになり一安心していました。
ところが、14日夜あたりからまたガクッと調子が悪くなり、15日朝からまったく餌を食べなくなり、ぐったり。夕方また点滴とインターキャットの投与を受けました。今回は比較的おとなしく治療を受けてくれて少し回復するかな、と期待していたのですが、昨日、今日とほとんど寝たきりです。
脱水症状を心配して強制的に水やペットウオーターを注射器で口に入れますが、嫌がります。明日病院に連れてくるように言われましたが、また1時間かけて行くことを思うとストレスが心配です。
近くの病院に治療経過をお話ししてお願いしようか、とも思いますが、そもそもの治療はこの子にとって何が一番良いのでしょうか?
今日、お世話になっている動物病院では猫エイズの本格的な発症が始まった可能性がある、とのこと。ここで何とか食い止める方法はないのでしょうか。
ちなみにまだ子猫の頃、急激な体調悪化で今晩が峠です・・と言われたことがありますが、インターキャットの注射で復活した経緯があります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
原因が黄疸だけかどうかにもよると思います。
エイズが発症したといわれたとのことですが、エイズ自体が原因て亡くなるということはほとんどありません。
エイズにより免疫力が低下し、それにより様々な感 染症にかかりやすくなるため、その病気で亡くなってしまうことはあります。
そもそも今回黄疸はでているが、肝臓の値は正常というのもおかしいですし、今の状態でもしかしたら肝機能が上がってきている可能性もありますので、再度全身の検査は必要だと思います。
最初のときから一週間もたっていますし、点滴をそれからしていないのであれば、肝不全などが進行している可能性もあります。
通院点滴をするなら負担のかからない近くの病院のほうがよいと思われますし、もう一度現在の状態を他の病院で見てもらって、肝臓以外にも何か異常がないかをチェックしてもらってから治療をしてもらったほうがよいと思われます。

私は今回の症状を単にエイズだからと片付けてしまわない方がよいと思います。大概、エイズ以外の問題が見つかります。
もう一度今の状態でセカンドオピニオンを受けられることをおすすめします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。文章がわかりにくくすみません。点滴に関してですが、9日に初回、15日に2回目の点滴を受けております。2回目の点滴を受けた後に急速に元気がなくなったことに違和感があります。


肝機能値ですがGPT:14、GOT:50、ALP:52(9日時点)で、確かに黄疸症状から見ると正常値なのが不自然だと診察してくださった獣医師もおっしゃってました。今は抗生物質のおかげか、炎症がおさまったのか、触っても抱き上げても嫌がりません。9日には黄色かった尿も透明になっています。エイズ以外の問題で可能性のあるものは何があるでしょう?セカンドオピニオンを受ける予定ですが、考えられる(可能性のある)「何か」をもう少し詳しく教えていただけませんでしょうか?


 


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
可能性としては、肝臓腫瘍などによる肝不全などが進行している可能性もあります。猫では胆管肝炎も多いですし、膵炎なども疑えます。体を触っていたがったとのことですし、痛みのでる病気としては膵炎は可能性が高いかもしれません。膵炎は特徴的な症状がでないことが多いですので、今回のように症状がぱっとしないときには可能性が高くなります。
膵臓や肝臓のあたりは猫ちゃんは病気が併発することが多いですので、その辺りを中心に詳しくエコーで見てもらったり、血液検査をしてもらうべきだと思います。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問