JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

これまで、ドライフードを食べていた20歳の猫が、突然食べなくなり、暫くは缶詰であれば食べていたのですが、先日13日か

解決済みの質問:

これまで、ドライフードを食べていた20歳の猫が、突然食べなくなり、暫くは缶詰であれば食べていたのですが、先日13日から、何も食べなくなりました。水も飲まず、スポイトでやれば、少し飲む程度です。 流動食を買い、それを与えようとしますが、嫌がり、一日に本当に微量。14日には鳴かず動かずでしたが、15日に一度点滴をして貰ったおかげか、今は少し鳴くようになり、動きます。動くといっても、フラフラとしながら寝床を変えるだけですが。トイレまではフラフラと行くのですが、毎回直前で失敗です。お水は飲みに行きますが、自力では飲めず、断念しています。
今は、スポイトで水をあげ、流動食をあげて、か細く鳴けば、声をかけてやり撫でるくらいです。
点滴を毎日打ちにいける状況にはありませんし、対処療法しかないのであれば、家族で精一杯出来ることをしてやりたいと思っています。
受診したときには、腎臓が悪いだろうとのことでしたが、検査しても何が出来るわけでもないと言われました。しかし、心臓は元気だね、と。
心臓が元気なのであれば、点滴になんとか連れていくべきなのでしょうか?
少しでも苦しまず、看取ってやりたいです。
今出来ることは何でしょうか。教えてください。お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

症状と年齢、それから点滴への反応を見るとやはり腎臓が原因である可能性は高いかと思います。
腎臓の場合は、数値がかなり高くなってしまっている場合はおっしゃる通り基本的には対症療法になります。
腎不全では本来腎臓から出ていくべき老廃物が体にたまってしまい、また体が水分を保持する能力が落ちてしま うので、脱水をします。
これらを解決する方法として点滴をするというのが一番になります。

その子その子によって腎臓の残りの能力は変わってきますので、まだある程度しっかり残っている場合は数日点滴をして腎臓の数値を下げることで、週に2回程度の点滴と食事やお薬などで調子を維持できることもあります。
また病院によっては点滴の液や点滴の針やチューブなどを出して、自宅で点滴をすることを認めてくれる病院もあります。
その場合はたまに調子を見せに行くだけで通院をそれほど頻繁にしなくてもいいこともあります。

ですので、飼い主さんがどの程度のことをされたいかにもよりけりです。
腎臓自体は治る病気ではないので、今後も定期的に点滴が必要になる可能性がかなり高いですが、その頻度に関してはどの程度腎臓の機能が残っているかにもよります。
それはしばらく点滴をしながら様子を見ていかないとわかりません。
もし、まずは数日間点滴に連れていけるのであれば(2日に一回でもいいかと思います)、連れて行ってもらい、うまく数値が下がったら間隔を延ばすあるいは自宅点滴にするというのもいいのではないかと思います。
うまくいけばそれほど頻繁に点滴に行かなくても済むようになることもありますので。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
追加です。
脱水は猫ちゃんにとってかなりしんどいですので、治療で点滴をすることで体はかなり楽になってくれます。
それから本来は腎臓が悪い場合はたんぱく質や塩分はよくはないですが、おそらくいまはかなり食欲が落ちているので、水分を少しでも取ってもらうためにも、市販のおい しそうな缶詰を少し温めて臭いを出してあげて食べてもらうのもいいでしょう。
また、病院ではa/dや退院サポートなど食欲が落ちている子でも比較的食べてくれるような缶詰もあるので、これらを出してもらってもいいでしょう。
ほとんど食べない子でもこれらだけは食べてくれるという子は多いです。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
他に聞きたいことがあれば具体的に書いていただければお答えいたします。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
飼い主さんの希望はどう言ったことですか?

もし少しでもいい状態で長生きさせたいのであれば上に書いた点滴をオススメしますし、ご家庭の事情でそう言ったことが難しいのであれば、食事を上記に書いたようにできるだけ工夫することになります。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありが とうございました。
私の説明不足が原因と、お医者様にお聴きしたので仕方がない部分だったのかもしれません。
家族で話し合ったところ、対処療法を続けるしかないのであれば、家族で、出来る限りのことをして看取ってあげようというところです。
ですので、もし対処療法しかないのであれば、家庭ではどんなことがしてあげれるのか、それを教えてほしいと思っていました。
また、肝臓は弱っているけども、心臓は元気ということはどういうことなのか。大変苦しむことになってしまうのか、その辺りもお聴きしたかったのですが。
こちらの説明不足で申し訳ありませんでした。
お医者様にお聞きしているので、治療が一番の方法として出てくることも当たり前のことでした。すみませんでした。
熱心に、何度もにわたりご回答頂きまして、ありがとうございました。

猫 についての関連する質問