JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

12歳の雌猫です、2年前に乳腺ガンと診断されて乳腺を全摘手術しました。 2012年6月にまた、同じようなしこりが出

解決済みの質問:

12歳の雌猫です、2年前に乳腺ガンと診断されて乳腺を全摘手術しました。
2012年6月にまた、同じようなしこりが出来手術をしましたが、手術痕が治ったと思ったところ、
また同じようなしこりが、三か所も出来ています、再度手術するか迷っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

残念ながら手術以外に確実な治療法はありません。
抗がん剤なども多少は効果が認められるようですが、腫瘍の成長を遅くする程度の効果です。

今までの手術で乳腺の全摘出は行っていないのでしょうか?
猫ちゃんの乳腺腫瘍はほとんどが悪性(いわゆる 癌)と言われており、再発や転移をする確率はかなり高いです。

みいちゃんの場合は運よく今までは転移はしていないようですので、再発を少しでも防止するためにはしこりの部分のみを取るのではなく、乳腺の全摘出をされたほうがいいかと思います。
しこりの部分切除に比べると手術痕も大きく負担も大きいですが、それだけ再発してしまうのであれば全摘出のメリットは大きいかと思います。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
失礼いたしました。
乳腺の全摘出はすでにされているのですね。

手術はやはり行われたほうがいいですが(手術以外にしこりをなくすことはできないですし、しこりが残っていればどんどん大きくなって転移や自壊を起こします)、手術後に抗がん剤を何度か使ったりサプリメントを使うことで、ある程度再発防止の効果がありますので、それを試すのがいいでしょう。
やはり手術をしないで何かほかに手立てがあるかということに関しては、効果的なものはないといわざるを得ないでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問