JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫の避妊手術を考えています 7ヶ月を過ぎ 体重は2.3キロくらいです。 抜糸のいらない手術、切開部が小さい手術もある

解決済みの質問:

猫の避妊手術を考えています 7ヶ月を過ぎ 体重は2.3キロくらいです。 抜糸のいらない手術、切開部が小さい手術もあると聞きましたが お医者様に寄って違うのでしょうか? また 卵巣子宮とも取る手術と 卵巣のみの手術 いかがなものでしょうかご意見をお聞かせいただければ 助かります。どうぞ よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

手術の方法は基本的には病院によって違い、できるだけリスクを減らすために一番慣れた方法で行っていることが多いです。

傷口の大きさや 負担などを考えて現在一番の主流は卵巣のみの摘出になっております。
卵巣さえしっかりとってしまえば子宮が残っていても子宮疾患にはなることはないといわれおり、効果は卵巣のみの摘出と、子宮卵巣全摘出の効果は変わらないといわれています。

それから抜糸に関してですが、基本的には抜糸が必要な方法で行っている病院が多いです。
抜糸が要らない方法もありますが、傷口のくっつきは抜糸がいる方法の方が確実ですし、早いです。
どうしても抜糸ができない(野良ネコちゃんなど)場合であれば皮内縫合といって、皮膚の下で縫合する方法(外からは糸が見えない)を取ることはありますが、張力は少し弱いため、場合によっては傷のくっつきが悪くなることがあります。
抜糸自体は痛いことはほとんどないので、僕は抜糸の必要な方法をお勧めします。

それから、傷口の小さい方法として、腹腔鏡による手術というものもあります。
これは傷口がかなり小さく、猫ちゃんの負担もかなり少ないといわれていますが、やっている病院が少なく、費用は普通の手術より高いです。
飼い主さんがどうしても希望があれば、腹腔鏡でやってもらうのもいいかと思います。
ただし、若いので、通常の卵巣摘出術でも特別負担が強いとは思いませんので、卵巣摘出術でやってもらっても問題はないと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうごじます もう1つ確認になりますが、入院日数について よろしいでしょうか 


 避妊の手術でも 日帰りのところが最近は多いと聞きましたが?術後 当日くらいは入院したほうが安心なのでしょうか 重ねてすいません よろしくお願いいたします

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そこに関してはどちらがいいというのは何とも言えませんが、若い子で特に病気のない子であればその日に帰っても問題はないと思います。
健康な若い子であれば、特に手術後に点滴などをする必要はありませんので。

ただし、その日は麻酔後ですので、元気はないことが多く、もし飼い主さんが心配であれば入院させてもらうのもいいと思います。
逆に性格が怖がりなこの場合は日帰りの方がいいかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問