JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

お世話になります。 先月、5ヵ月くらいの捨て猫(メス)を保護しました。先住猫(アメショー ♂オス 1歳3ヶ月 去勢

解決済みの質問:

お世話になります。
先月、5ヵ月くらいの捨て猫(メス)を保護しました。先住猫(アメショー ♂オス 1歳3ヶ月 去勢済)もいるので近くの獣医にて診察したところ、猫カゼ及び検便にて条虫症と回虫症と診断されました。

猫カゼは内服薬でほぼ治癒しました。条虫駆除は注射にて治療、回虫は点下薬で駆除中です。現在、保護猫はゲージ飼いをしており、そろそろケージより出したいと考えてます。

2回目駆除は今月中旬投与の予定ですが、完全に治癒するまで、先住猫と接触させず、ゲージ飼いを続けたほうがいいでしょうか?
接触による先住猫への猫カゼや回虫症の感染が心配です。 
完全に駆除するまでゲージ内で飼いたいのですが、最近はストレスがあるのかゲージ内で 暴れ、猫砂の異食もしています。

行き付けの獣医は質問しにくい雰囲気もあり質問しても不安を払拭してくれるような説明はいつもしてくれません。

また、保護時、鼻水とくしゃみをしており、同時に猫カゼと診断されました。現在は内服薬により治まってるようです。
そして、2,3日前から肩のあたりに円形状の皮膚病らしきものが発見されてます。治療はまだです

ほおっておけばこの暑さで生きてはいけないだろうと考え保護しましたが、病気だらけで迷惑してます。
ワクチン接種はこれから避妊手術もやらなければなりません。心無いある人間の身勝手さで他人の家の前に捨てていく気がしれません。里親探してますがこのままだと飼うしかなさそうです。

先住猫は威嚇ばかりしており、新入り猫との折り合いも心配です。

・猫カゼと回虫症の先住猫への感染
・円形状の皮膚炎(多分糸状菌症?)
・先住猫との新入り猫との接触タイミング

以上、アドバイスお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

先住猫ちゃんはワクチンは済んでますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

つい先日、3種混合ワクチンは済ませてます。去年も夏(5ヶ月くらい)までに2回完了してます。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

まず寄生虫に関して はほとんど気にしなくてもいいと思います。
基本的には糞便からの感染症ですので、糞便の取り扱いに注意すれば感染のリスクはかなり減りますし、感染しても薬で比較的簡単に落とせますので、ことらはそれほど気にしなくてもいいです。

猫かぜにかんしてはできれば症状はしっかり収まってからにされた方がいいです。
3種混合をしっかりうっていれば、感染してもかなり軽症ですむことが多いですが、感染を完全に防げるわけではないので、慢性感染してしまう可能性があり、そうなると少し厄介になります。

それから皮膚糸状菌も注意が必要です。
長毛の子の場合は厄介になりますし、短毛の子では体質によってはかかってしまいます。
薬が聞きにくい菌ですので、これはしっかり直してからの方がいいでしょう。

猫ちゃんとの対面のタイミングは本来、一日数十分ずつ長くして行くような感じがいいですが、まずは猫風邪と糸状菌をしっかり治してからにしてからになると思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫砂の異食についてはどうでしょうか? 


 


トイレの猫砂は紙製の水に溶けるものを使用していますが、多少食べても問題ないのでしょうか?


止めさせるにはどのような方法がありますか?


 


皮膚炎については、どこから感染したものと推測されますか?


捨てられ暫く外で生活し感染したものですか?潜伏期間有無も含めお願いします。


 


糸状菌は白癬菌と聞いてますが、家族での持病はありませんし、先住猫も皮膚病になったことがないです。


 


回虫駆除剤、ノミ・ダニ駆虫剤で、炎症部近辺の同じような場所に点下しましたが、それでの皮膚炎も考えられますか?


 


以上、申し訳ありませんが回答お願いします。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
異食に関してはまずは寄生虫がいるとすることがあるので、それのせいの可能性は高いでしょう。
完全に駆虫できれば収まるとは 思います。
ストレスでなることもありますが、その場合は、先住猫ちゃんを接触のないそれぞれのお部屋を用意してもらう他に方法はないかと思います。
とりあえずは寄生虫の駆虫が最優先になります。

皮膚炎に関しては基本的には土の中にいる菌と言われていますので、そこで感染するか、他の猫ちゃんから映ってきたことになるでしょう。
潜伏期間というよりは感染していても無症状なこともあるので、それがいつ発症するかは何とも言えません。
通常は1か2週間で発症しますが、遅い場合は1から2週間かかることはあります。
それから白癬菌の中でも人の水虫とは違うものになります。

また、ノミダニのお薬で皮膚に炎症を起こして脱毛が起こることは比較的多いので、その場所であれば皮膚糸状菌より可能性は高いでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
一つ書き忘れていました。

異食に関しては下痢をしなければ心配入りません。
消化不良以外の害はないです。

猫 についての関連する質問