JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

熱が下がりません 8/30元気がなく昼軟便、夕下痢 熱っぽい 8/31AM9:00 受診 40.5℃ 入院 治療  血液検査、レントゲン、特段の異常なく、対照療法として抗生剤

解決済みの質問:

熱が下がりません
8/30元気がなく昼軟便、夕下痢 熱っぽい
8/31AM9:00 受診 40.5℃ 入院 治療
 血液検査、レントゲン、特段の異常なく、対照療法として抗生剤注射
 9/1血液検査、レントゲン、特段の異常なく、対照療法として抗生剤注射
9/2 血液検査、レントゲン、特段の異常なく、対照療法として抗生剤注射
  入院中全く食べず、ストレスを考えて退院pm7:00 40.7℃
9/3 受診 40.3℃ 抗生剤、水分(肝臓薬)注射
9/4 これから受診予定 熱高く、飲まず食わず、ぐったりしています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
おはようございます。


ご質問ありがとうございます。

年齢はおいくつでしょうか?
ウィルスの検査はされていますか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


11歳、ウィルス検査はなし。3種混合は接種済みで、猫白血病と猫エイズの検査は、マイナスでした。


 


 先ほどの通院で、HCT,PLTの急激な減少から免疫の不全が疑われ,急を要するので、外部検査の結果を待たずに今日からステロイド治療を始めましょうと言われ、副作用等の説明を受けました。治療を選択し、今帰宅したところです。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。
HCT、PLTの低下はAIHA(自己免疫性溶血性貧血)の危険があり、確かにステロイドを使わないと危険ではあります。
最初のころの血液検査で異常が出ていないところを見るとそのAIHAは二次性のものの可能性があるかと思いま す。

二次性のAIHAは原因が腫瘍であることも多く、腹部エコーが必要かと思います。
特に脾臓の腫瘍などは血液検査に全く異常が現れませんし、レントゲンでは分からないことも多く、原因不明の発熱、AIHAの原因にもなりえますので注意が必要です。

まずは緊急的な治療が必要ですが、もし今の病院でエコーなどを行ってもらえないのであれば早めにそういったことをしてくれる病院を探すあるいは紹介してもらう必要があるでしょう。
AIHAを併発している場合は命の危険がありますので、早めに何か対応してもらった方あいいと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問