JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳の猫を飼っています。 二日に一回くらいのペースで嘔吐します。 内容物は毛玉ではなく、コーヒー色の胃液です。

解決済みの質問:

15歳の猫を飼っています。
二日に一回くらいのペースで嘔吐します。
内容物は毛玉ではなく、コーヒー色の胃液です。

食欲はあります。
最近の猛暑のせいかと思い、飼主の外出時は
必ずクーラーを入れてから出るようにしています。
が、嘔吐はおさまりません。

ネットで調べる限り、IBDという病気の症状に似ている気がします。

ご回答よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

そのお歳の慢性的な嘔吐というのは原因はかなり様々です。
胃液自体はコーヒー色はしておらず白い泡のようなものですので、コーヒー色のものが出てくるということはおそらく胃の中で出血をして、それが胃酸で酸化されて茶色くなって出てきているのだと思います。

そうかんがえると胃から出血する原因である
・胃潰瘍
・胃の腫瘍
のどちらかが一番有力になってきます。
IBDも種類によっては胃の炎症として出てくることはあるので、胃潰瘍の原因となる可能性はあるかと思いますが、猫ちゃんでは比較的少ない病気ですので、他の原因も考えておいた方がいいかと思います。
他に腎不全や甲状腺機能亢 進症なども胃酸過多を招いたりして胃潰瘍の原因になりますし、これらの病気は高齢の猫ちゃんでは非常に多いです。

胃腸自体の異常は、全身麻酔をかけて内視鏡などを使わないとわからないことも多いので、まずは腎不全など血液で分かることを調べてもらい、それらの治療と胃潰瘍の治療(胃酸を抑えるお薬や粘膜保護剤など)をしてもらい、もしそれでもよくならない場合は、IBDの治療(免疫抑制剤など)を試験的にしたり、腫瘍なども考えて、確定診断のために内視鏡など少し積極的な検査をされるのもいいかもしれません。

慢性嘔吐が続くとどんどん胃粘膜が荒れてしまい、現在は食欲があるようですので、いいですが、食欲が落ちて弱っていってしまうことも多いです。
早めに一度見てもらうことをお勧めします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問