JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15才のメスの家猫です。身体を洗った次の日から、ジャンプができず足に力が入っていない様な歩きが見られます。食欲や便の

解決済みの質問:

15才のメスの家猫です。身体を洗った次の日から、ジャンプができず足に力が入っていない様な歩きが見られます。食欲や便の回数は今までと変わったところはありませんが、動こうとせず横たわっています。
起き上がる早さが落ちて足が少し震えている状態です。
以前かかった病気は尿結石と膀胱炎です。(7年前)
このような状態が当てはまる病気があれば教えて下さい。
また、その病気の対応方法もお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

年齢と症状、経過からは腰の神経の異常か関節(特に股関節)の異常ではないかと思います。

腰の神経の異常では、椎間板ヘルニアが代表的なものですが、猫ちゃんではそれよりも尻尾の近い部分の異常である馬尾症候群という病気が一般的です。
これは特にきっかけがなかったりかるいものがきっかけとなりますが、後ろ足が弱くなったり、気張る力が弱くなって便秘気味になる、あるいは腰の痛みが主な症状になります。

それから 関節にかんしてはほとんどの高齢ねこちゃんが、程度の差はあれ、慢性関節炎を持っています。
それがある程度ひどくなると痛みやびっこなどの症状として出てきます。
もともと悪くなっていた関節がシャンプーで無理な態勢をとったりしてをして悪化したという可能性はあるかと思います。

神経の病気の場合、早くお薬を使った方が反応がいいので、早めに見てもらうことをオススメします。
検査は触診や身体検査、レントゲンのなると思います。
年齢的にも負担のかかる治療は難しいことが多いので、お薬での痛み止めや炎症どめが中心となるでしょう。
程度によりけりですが、お薬のみでもかなりよくなることが多いので早めに見てもらうことをオススメします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問