JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

一頭飼いの5歳の雌(ラグドール)です。昨秋から冬にかけて頻尿で3度ほど通院。 尿検査では異常なく、原因は不明で3度

解決済みの質問:

一 頭飼いの5歳の雌(ラグドール)です。昨秋から冬にかけて頻尿で3度ほど通院。
尿検査では異常なく、原因は不明で3度目には病院を替え年末に治癒。
しかしまたひと月ほど前から、頻尿を繰り返すようになりました。
といっても、朝から15分おきの頻尿が5〜6回続いたかと思うと
それ以降はぴたりとおさまります。4〜5日おいてまた同じ症状、というパターン。
食欲も元気もあり、吐き戻しなどの症状もありません。
便の状態も異常ありません。また、目視では血尿もありません。
思い当たる原因といえば、留守番が長かったり来客があったりというストレスくらいですが
必ずしも関連性があるとも言いきれず…重大な病気が潜んでいる可能性はありますか。
いちど精密検査を受けたほうがよいのでしょうか。
予防策など対処できることがありましたらご教示お願いいたします。
年末の時にダイエットを申し渡され、6.8キロから現在6.2キロになっています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

年末に治ったときはどのような病気といわれて、どのような治療をされましたか?
また今まで尿検査やエコーなどはされていますか?
されていれば検査結果はどうでしたか?

分かる範囲で結構ですので、情報をよろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
さっそくのご回答ありがとうございます。
尿検査のみで、やや血尿がみられましたが数値の異常はなし。

診断は膀胱炎で、3日間かよって水分補給の点滴をしました。

フードをひと月だけ下部尿路疾患用に変更しましたが、

まだ若いので以降はダイエットフードに戻す指示でした。

頻尿は1日めでおさまり、以降半年以上症状は出ませんでした。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

やはり血尿が出ている時点で、膀胱炎はあると思います。
膀胱炎の原因になるのは、一般的に知られている細菌性以外にも、結石性や結晶性、膀胱腫瘍や間質性(突発性)、膀胱憩室など様々あります。

細菌や結晶は尿検査でわかりますが、その他はエコーを撮らないとわかりません。
膀胱憩室は膀胱造影検査をしないとわかりません。

特に膀胱結石はとてもよくある頻尿の原因になり、膀胱結石がある以上 はそれが膀胱粘膜を刺激して頻尿などの膀胱炎症状をちょくちょく引き起こしてしまいますし、お薬を使っても治りません。
まずはエコーを取ってもらい、結石や膀胱ポリープなどがないかどうかを調べてもらうのがいいでしょう。
膀胱結石の場合は、溶ける種類の石であれば食事療法をしますが、そうでない場合は手術で取り出さないと治まってきません。

まだ若いので、腫瘍はあまり多くなく、命にかかわるものである可能性はかなり低いですが、膀胱炎を繰り返してると膀胱粘膜が肥厚してしまい、治りが悪くなったり、粘膜がもろくなッてしまいますので、早めに原因をしっかり見てもらい、それに合った治療をされたほうがいいでしょう。
間欠的な頻尿という症状からは膀胱結石(結石による間欠的な刺激に伴う頻尿)の可能性が高いのであはないかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問