JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

16歳の雄猫です。シュウ酸カルシウム結石が見つかりました。今のところ自力で排尿できていますが、高齢なので手術はギリギ

質問者の質問

16歳の雄猫です。シュウ酸カルシウム結石が見つかりました。今のところ自力で排尿できていますが、高齢なので手術はギリギリまで避ける方向が良いと獣医さんに言われました。
様子を見ていたら1週間前から時々咳き込みます。抱き上げる時にお腹を触ると特に咳き込みます。
今日は呼吸もおかしくて口呼吸になってしまいました。結石のせいなのか他の病気の可能性があるのか教えてください。
昨日、補液500mlして頂いた時に抗生剤と痛み止めを入れていました。念のためお知らせします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。

咳の症状で考えられるのは、心筋症、甲状腺機能亢進症、フィラリア症、肺腫瘍などが主なものです。高齢ですので、歯周病のために、よだれが多く、それを吸い込んでしまって、誤嚥性肺炎を起こしているのかもしれません。

また、腹部の圧迫により症状がひどくなるのであれば、腹腔内腫瘍なども考えられます。

また、補液を大量にしていますので、循環の許容量をオーバーして、肺に水がたまる肺水腫になっているのかもしれません。

一般的に、血液検査、X線検査、超音波検査が行われますが、麻酔をかけてCT検査をしないと分からないかもしれません。

尿路が詰まることはとても痛みを伴いますので、呼吸の異常のほうは、その痛みに起因するかもしれません。

主治医とよく相談し、今後の方針を決めて行かれるといいでしょう。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問