JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9歳のアメショで心筋拡張症の既往あり、約2け月前からくしゃみ、涙目で受診、投薬継続によりくしゃみと涙目は軽減したが、

解決済みの質問:

9歳のアメショで心筋拡張症の既往あり、約2け月前からくしゃみ、涙目で受診、投薬継続によりくしゃみと涙目 は軽減したが、鼻息が荒く、息苦しいようで受診。
発熱がありレントゲンで気管支炎と診断され、3日連続インターフェロン注射及び抗生剤は1週間投与するも、微熱は下がらず、鼻息荒く呼吸が苦しそうは改善されない。
いったいいつになれば治るのか?
悪化すると肺炎等心臓に悪影響を及ぼすことが心配
獣医師を変えるべきか?
と悩んでいます。
通常の食事は医療食のドライですが、少ししか食べないので、市販の缶詰をたまに与えています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

症状からは鼻炎も併発しているようですね。
正直なとこ ろ猫ちゃんの慢性鼻炎はかなりなおりにくくなることが多いです。
ですのでベストの治療をしても治るかどうかはやって見ないとわかりません。

ただし、気管支炎は治療できることが多いです。
レントゲンで気管支炎像が見える場合は細菌性以外にも喘息によるものも多いです。
その場合は、抗生剤やインターフェロンではなく、ステロイドを使わないとよくなりません。
レントゲンでだけではどちらか判断できないことも多く、その場合は血液検査で好酸球の増加を確認するか、それも100%出てくるわけではないので、ステロイドを試験的に3日ほど使うこともあります。
細菌性の場合も抗生剤の持続点滴やネブライザーを使うこともあります。

今の病院の治療でよくならないのであれば、あまりに悪化してしまう前に早めに病院を変えるのもいいと思います。


質問者: 返答済み 4 年 前.

咳はありませんが、息苦しく見えるのも、喘息でしょうか?。


慢性鼻炎の治療法はどのような方法でしょうか?


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

咳はありませんが、息苦しく見えるのも、喘息でしょうか?。


慢性鼻炎の治療法はどのような方法でしょうか?


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
喘息の場合は咳が出る場合とでない場合があります。
席がでなくても期間が狭くなったり、分泌物がたまって息苦しくなることはあります。

それから慢性鼻炎の治療も基本的には呼吸器の感染及び炎症の治療ですので、気管支炎と同じく、抗生剤、インターフェロン、抗炎症剤などの飲み薬、点滴、ネブライザーなどになりますが、気管支炎より治りが悪くなることが多いです。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問