JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

冬ごろからよく吐くようになり、他は異常がなかったのでしばらく様子を見ていたのですが呼吸が速いなと感じることが多く、だ

解決済みの質問:

冬ごろからよく吐くようになり、他は異常がなかったのでしばらく様子を見ていたのですが呼吸が速いなと感じることが多く、だんだん痩せてきて(4kg→3kg)、7月はじめ、かなり元気がなくなり呼吸が速くなったので 動物病院に行きました。
レントゲンを撮ると肺が真っ白とのことで、血液検査は異常がありませんでした。ずっと熱もありません。えさは元々ちょっとずつしか食べません。吐くのは苦しそうに咳みたいのを2、3度したあと、白い唾液みたいのを出すことが多いです。
先生は原因がわからないけど、肺に炎症がおきているようです、肺炎なら熱が出るはずだし、ストレスから来るものかもしれないということでした。
とりあえず呼吸が楽になるようにと最初はステロイド剤と抗生物質、光を当てる光線療法というのを通院のたびにしました。(週3回くらい)
あまり改善はしておらず、ステロイドはやめて現在抗生物質の投薬と、週に1回くらい光線療法というのをしています。
明日も病院に行こうと思いますが、他の治療法はないものでしょうか。
病院を変えたら何か良くなる治療があるのかわからないので、迷っています。アドバイスとお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

肺が真っ白ということですが、白くなり方によってだいたいどのような病気かが分かることが多いです。
肺が白いというのは本来空気がある部分に空気がない状態ということですので、原因としては
肺炎、腫瘍、肺水腫、胸水、無期肺などが考えられます。
全体的にボーッと白いとか、一部だけが白いとか、腫瘤状に白いものが見えるとか、外側が白いとかどのような感じで言われたかわかりますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
レントゲンを撮ったときも呼吸が速く画像がぶれてしまい、全体に白いということしかわかりませんでした。
先生も、もう少し呼吸がゆっくりになったら再度レントゲンを撮って詳細な診断をしましょう、でも今はわかりませんとのことでした。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですか。

全体的に白い場合は
肺炎か肺水腫かである可能性が高いです。
特に「吐くのは苦しそうに咳みたいのを2、3度したあと、白い唾液みたいのを出すことが多いです」の症状が心不全から来る肺水腫である可能性が高いのではないかと思います。
それから確かに肺炎では熱が出たり、肺が真っ白にな るほどひどい場合は白血球の異常が出てくることが多いです。

レントゲンというのは主観的な判断になることが多いですので、経験や知識によってかなり診断精度に差が出ます。
それから肺水腫か肺炎か、あるいは肺炎だとしてもどのような肺炎かによって治療法は変わってきます。
それから実際にレントゲン画像を見ていないので実は胸水や無気肺などがあるということも考えられはします。

ですので、一番いいのは大学病院などを紹介してもらうことですが、それが難しければ大きめの病院へ行ってセカンドオピニオンを聞かれるのがいいと思います。
肺水腫であれば抗生剤でもステロイドでも効果はなく、利尿剤や心臓のお薬を使わないとよくはなりません。
よくなる可能性は十分あると思いますので、セカンドオピニオンを聞きに行かれることをお勧めします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。
ひとまず明日は同じ病院に行って、心不全から来る肺水腫の可能性についてとその治療方針、大きい病院を紹介してもらえないかということを聞いてきたいと思います。

ありがとうございました。

猫 についての関連する質問