JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

17歳のオス猫です   2ヶ月位前に下痢が続き、自宅近くの病院に連れて行きました。  血液検査をしたところ、BUNが

解決済みの質問:

17歳のオス猫です   2ヶ月位前に下痢が続き、自宅近くの病院に連れて行きました。  血液検査をしたところ、BUNが54.8   CREAが3.2    で、腎機能が著し く低下していると言われました。  注射と点滴をし、2種類の薬(1つは下痢止め)を処方して頂きました。  その後、1週間に最低2回は点滴を続けるように言われ通院しています。  この病気は治らないという事なので一生、何らかの治療を続ける事になります。   先生から精しい説明はないのですが、この先も点滴は必要なちりょうなのですか?   自宅点滴をする方法もあると聞いたのですが、いかがでしょうか?     もう1つお聞きしたいのですが、料金の事です。  診察料1000円、点滴3000円、薬代2週間分7400円  は、妥当な料金なのですか?  病院によって異なると思いますが…     治療は続けますが正直、月5万円の出費は家計にひびきます    ちなみに5種ワクチンのお値段はいくら位なのでしょうか?     また、外に出ない猫に5種は必要ですか?    先日、もう1匹の3歳の子に8000円で接種してきました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに血液検査の結果からは慢性腎不全が疑われ、慢性腎不全であれば失った腎機能は元には戻りません。
ですのでその場合はこの先ずっと治療が必要になります。
ただし、点滴治療はあくまで上がってしまう腎臓の数値を抑えたり、脱水を防いだりするものになります。
慢性腎不全の治療は食事療法がメインになります。
ですので、点滴の回数は週二回より減らせる可能性がありますので、点滴の回数を減らしながら症状や体重の増減などを見ていくのもいいかと思います。

それから、費用に関してはもちろん、地域や病院自体によって違いますが、それほど高いとは思いません。
僕が知っている数件の病院は だいたい同じような値段設定でやっています。
お薬代は少し高いかと感じますが、明らかに高いとは思いません。
ただし、下痢止めは下痢さえ収まってしまえばいりませんので、その分は安くなると思います。

それから自宅点滴は、飼い主さんがやる気があり、猫ちゃんが暴れない子であれば可能です。
それを認めている病院とそうでない病院があるので、もしやられるなら認めている病院を探す必要があります。
費用は安くなりますので、一度聞いてみるといいでしょう。

それから、外にでない(脱走もしない)猫ちゃんで白血病の同居猫ちゃんがいなければ、5種ではなくて3種で十分です。
5種の値段設定はおそらく普通の値段設定かと思いますが三種にすれば5000円くらいでやっているところも多いと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問