JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

今年で11歳になる猫(日本猫+チンチラのハーフ:メス)ですが、1ヶ月前から明け方になると毎日黄色い液体状のものや水の

質問者の質問

今年で11歳になる猫(日本猫+チンチラのハーフ:メス)ですが、1ヶ月前から明け方になると毎日黄色い液体状のものや水のようなものを吐くようになりました。気性が荒く、抱っこすることができないため病院へ連れて行かれず、往診に来て頂いたこともありましたが、捕まえようとすると先生の腕をひっかき血だらけになってしまい、先生もお手上げ状態で帰られたこともありました。1週間程前、ぐったりして何も食べずじーっと動かなくなってしまったため、かごに入れて病院へ連れて行ったのですが、かごから出したとたんに暴れて、先生達も何もできずにそのまま家に連れて帰ってきました。肝臓が悪いかもしれないけれど検査をし ないと何とも言えないとのことでしたが、とりあえず一週間分のは薬を頂きました。その後は食事もとるようになり動けるようになったので、様子をみていました。一週間飲ませませたのですが吐き気はおさまらず、再度病院に相談したところ、「おなかがすきすぎて胃酸が多いと猫は吐くので、それではないですか?」と言われて、たくさん食べさせてみたのですが、今朝も何カ所かに吐いた後があり、ポタ、ポタとごく薄い血のようなものが床に落ちていました。口から出たものではなく、おしりから出たもののようです。元気は元気で、缶詰も食べるのですが・・・。このような場合、どのような病気が考えられますでしょうか?恐れ入りますが、ご連絡をお待ちしております。l
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

チンチラの子は確かに気性が荒く、検査や治療を行うこと自体がかなり難 しくなることは珍しくありません。

もしお尻から薄い血のようなものが出ていた場合は、大腸から肛門にかけてどこかから出血している可能性が高いです。
胃や小腸からの出血では胃酸や消化酵素によって血が酸化して黒っぽくなりますので、赤やピンクのものが出る場合は大腸より下からの出血ということになります。
その場合考えられることとしては、大腸の腫瘍(腺癌やリンパ腫など、あるいは大腸ポリープ)、肛門の腫瘍、強い大腸炎(寄生虫やIBD=炎症性腸疾患)等が考えられます。
ただし、通常は大腸のみの病気では嘔吐は伴わないので、大腸の腫瘍で腸の部分閉塞を起こしていたり、大腸から小腸あるいは胃にかけて広範囲の腫瘍や炎症があるかどちらかが考えられます。

それからもし血が薄まったようなものが出ていた場合は、お尻からではなく、膣の方から出ている可能性の方が高いかと思います。
腸からの出血の場合はあまり薄まるような液体はない(粘液で薄まることもありますが)ですが、生殖器や尿路からの出血の場合は尿によって希釈されて出血することがありますので。
その場合、子宮の病気(子宮蓄膿症や内膜炎、水腫など)あるいは膀胱の病気(膀胱炎や膀胱腫瘍、膀胱結石)または腎臓の病気(子宮体腎炎や腎臓結石など)が考えられますが、嘔吐とその出血が関係している場合は子宮あるいは腎臓の病気である可能性が高いと思います(膀胱の病気で嘔吐を引き起こすことは多くありません)


今の文面から考えられる病気は以上のようになります。
僕の経験上では暴れすぎてまったく検査ができないということはほとんどありません。
確かにお話を聞く限りではかなり検査をするのは大変である子のようですが、うまくカラーをつけることができればタオルなどで抑えて検査をすることは可能です。
もしお家でカラーが付けれそうであれば、病院でカラーを借りてお家でつけて病院へ行けばおそらく検査は可能かと思います。
またそれが難しい場合でもスタッフがそろっている病院であればかなり暴れる子でもほとんどの子は検査は可能です。

ですので、一度お家でカラーをつけるか、他のスタッフがそろっている病院で検査をしてもらうかされたほうがいいでしょう。
病気に寄って治療法はかなり変わってきます。
子宮の病気であれば子宮を取ってしまえば全く問題なくなることがほとんどですしIBDはお薬でのコントロールが可能であることが多いです。
腸の腫瘍などの場合は完治が難しいことも多いですが、やはり今の状態をわからないことには治療方針がたちませんのでできる限り調べてもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

大変ご丁寧に回答頂きどうも有り難うございました。お返事を頂かなかったら病院へ連れて行くことを諦めていたところでしたが、スタッフの多い病院を探して、夕方なんとか病院へ無事連れて行くことができました。ご回答頂いたとおりやはり膣からの出血のようで、子宮に水か何かがたまっているとのことでした。子宮を摘出することになったのですが、11歳なので手術に耐えられるかとても不安です・・・でも元気になると信じて手術に臨むことに致しました。的確なアドバイスを頂き誠に有り難うございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。経過の報告ありがとうございます。確かに11歳のこの場合、麻酔のリスクは少し上がりますが、腎臓や心臓などを調べてもらい、それらが問題なければ手術をやってもらうことをオススメします。おそらく 内科療法では完治は難しいと思いますし、子宮の場合はとってしまえばまたもとの健康な状態に戻れます。麻酔はリスクなしというわけにも行きませんし、かなり心配だとは思いますが、腎臓や心臓に問題なければ僕は手術を強くオススメすることが多いです。無事に成功することを心よりお祈りしています。また何かあればご相談ください。

猫 についての関連する質問