JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10日ほど前、便秘で嘔吐。3日後くらいに獣医に診察してもらったところ、肛門から4、5センチのところに骨のようなものが

解決済みの質問:

10日ほど前、便秘で嘔吐。3日後くらいに獣医に診察してもらったところ、肛門から4、5センチのところに骨のようなものがあるものの(多分、野良時代に交通事故にあった)、便はないと診断。むしろ肝臓 等の内部疾患ではないかと言われました。5日ほどたってようやくレントゲンを撮り、やはりその骨の向こう側に便がつまっていると判明。浣腸したものの便は出ず、3日前の日曜日の夜に緊急手術で直腸の便を摘出、しかし脂肪が多かったので、奥の方までは処置せずも、先生の話では、その先は浣腸どろどろになった便しかないという。それからまる3日経ちましたが、まったく飲まず食わずで、点滴をうけていまます。なおもう10日ほど何も食べていないので、その間はずっと毎日、数分の点滴を受けています。
少しずつ元気になってきていると思っていた矢先、今日の午後からあまり元気が無く、尿も横になったまま漏らしてしまいました。どうも腹部が痛いようですが、嘔吐はありません。
腸閉塞などを起こしているのでは、ないでしょうか。このまま死んでしまうのではと心配です。かかりつけの獣医は、やることはやったので、後は回復をまつだけということです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確認ですが、緊急手術というのは開腹して直腸を切開したということでよろしいですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

はい、そうです。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

可能性としては腸閉塞の可能性もありますが、大腸を切開した時に一番怖いのは腹膜炎です。
大腸にはかなりの数の菌がいますので、どれだけ気をつ けていても菌が腹腔内に入ってしまい、腹膜炎を起こしてしまうことがあります。

腹膜炎を起こしているかどうかは体温の上下、白血球の数、腹水の存在、CRPの高値などでわかります。
もし腹膜炎を起こしている場合は、強力な抗菌療法が必要になります。

腸閉塞や腸の切開部のもれがないかは腸の造影検査でわかるので、それも念の為にはやってもらった方がいいかとおもやっておいたほうがいいですが、腹膜炎がないかどうか調べてもらいそれがあればいますぐにでも強力な抗菌療法をしてもらう必要があるでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問