JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1歳の牝猫ですが、8か月の時に避妊手術をするため血液検査をしたところ、GPTが1000↑,GOTが125で、獣医さん

解決済みの質問:

1歳の牝猫ですが、8か月の時に避妊手術をするため血液検査をしたところ、GPTが1000↑,GOTが125で、獣医さんから「麻酔のリスクがあるので、数値が下がらないと手術は無理です」と言われてしましました。2月から発情が起きて、2週間~1ヶ月の間隔で発情がきて、猫も私たちもぐったりしています。
何とか避妊手術をしてもらいたいのですが、(現在GPTは720です)リスクが大きすぎて無理なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

たしかにその数値はリスクは高いですね。
ただし、肝臓の数値 (肝酵素)は肝機能を表すものではないので、肝酵素というより肝機能検査(総胆汁酸検査など)をして、肝機能がしっかり働いているか調べる必要があります。
肝酵素はあくまで肝臓の負担やダメージをみるものですので。

小さい頃からそれくらい数値が高い場合は肝臓の先天的疾患(門脈シャントなど)がある可能性はあります。
その場合は麻酔を代謝する能力がかなり低くなっているので、手術は無理というわけではありませんが、かなりリスクは高いでしょう。
まずは一度肝機能検査をされてからどうされるか相談されるのもいいと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問