JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫(♀)16歳、雑種の排泄についての質問です。既往歴として3歳から3年間、半年間四肢が動かず寝たきりになっては起

解決済みの質問:

猫(♀)16歳、雑種の排泄についての質問です。 既往歴として3歳から3年間、半年間四肢が動かず寝たきりになっては起き上がるという状態を繰り返しました。その後は運動機能の低下は見られました がそれ以外は健康を取り戻しました。こちらもMRIなどは撮っていないので原因は不明ですが、神経系の疾患とのことでした。2年前膀胱炎を発症し、長期間投薬治療を行いました。その折、膀胱に尿が溜まりやすいことがわかり、尿が貯留しているときは圧迫排尿するようになりました。 今年の春頃から排尿と便の性状が変化し始めました。ヨーグルトのような臭いの白っぽい黄土色で時々軟便も見られました。また自尿量も減少してまいりました動物病院で診ていいただいたところ、尿、血液、便、エコーとも異常が見られませんでした。整腸剤、抗生物質、ステロイド剤を処方していただいたのですが、いずれも目立った効果が見られないまま経過観察となりました。一時は便の性状が良くなりつつあったのですが、最近は尿失禁が時折見られ、軟便と硬い便を繰り返すようになりました。硬い便の時は最後まで排泄するのが困難です。食欲は変わらず、シニア用のドライフード50gを朝晩で2回に分けて与えています。水分はよく飲む方で尿量も元々多く、変化はありません。排尿については自尿をした後続けて圧迫排尿しています。朝晩2回、ほぼ出し切れていると思います。排尿のフォローはこのままでよろしいでしょうか。また、便を安定させてあげたいのですが良い方法がありましたらご教授下さい。追記:体重は3kgです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

排尿に関しては全く問題ないと思います。
膀胱炎の場合は、しっかり出し切ることが必要ですし、自力排尿の癖をなくさないためには、そのタイミングで一緒にしてあげるのはいいと思います。

それから便に関しては、白い便が出る時は脂肪が吸収できてない可能性があります(脂肪便の時にしろい便がでます)
消化酵素剤などを一度処方してもらってもいいと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問