JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

我が家にきて3週間、月齢4か月の雌のロシアンブルーについての相談です。 購入当初から多少の脱肛があり、排便後肛門部

解決済みの質問:

我が家にきて3週間、月齢4か月の雌のロシアンブルーについての相談です。
購入当初から多少の脱肛があり、排便後肛門部に血液の付着がみられました。
脱肛は少し改善傾向にあるものの血液の付着は今だみられます。
口腔内歯肉にも多少の発赤があり、綿棒による歯磨きで少量の血液付着が確認できます。
このような症状は、このくらいの子猫にはよくみられるのでしょうか。

食欲もあり便にも異常はなく、元気に走り回っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

まず、子猫ちゃんに特に病的なわけでもな くみられるというものではありません。

脱肛気味という子はたまに見かけますが、便秘やひどい下痢をしないように気をつけながらやっていくと成長と共に落ち着いてくれることは少なくありません。
脱肛は癖になりますので、できるだけでてしまうのを防いであげる必要があります。

それから口の方ですが、歯の生え変わりに伴うものでなければ少し病的な可能性があります。
口内炎体質である可能性があり、今後付き合って行く必要があるかもしれません。
歯磨き自体はいいので、あまり強くやりすぎない程度に続けていかれるのがいいかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
出血に対しての返答が頂けたらよいのですが。

猫 についての関連する質問