JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

我が家の11歳のメス猫についての質問です。よろしくお願いします。 口のトラブルは以前からあり、犬歯は2本抜けていま

解決済みの質問:

我が家の11歳のメス猫についての質問です。よろしくお願いします。
口のトラブルは以前からあり、犬歯は2本抜けています。
前に診てもらっていた病院では抗生剤の目薬やイソジンのような液体をなめさせるように言われていましたが、 昨年別の病院で診てもらい、歯が溶ける病気(吸収性病巣)と言われました。
血液検査で猫エイズは陽性でしたが、他は問題ないようでした。
食事のとき痛がるようになり、昨年抜歯しましたが、その後かなり痛がり、痛み止めを処方され落ち着きました。
今年3月、再び痛がりはじめ、抜歯しましたが、その後喉をひくひくさせたり、食欲不振になり、抗生剤やステロイ
ド、痛み止めの注射をしましたが、改善されず、血液検査で黄疸と分かり、点滴治療して回復しました。
しばらく落ち着いてくれるかと思っていたのですが、5月初旬にはまた、痛がりはじめ、抜歯は今までのこともあり、かわいそうなので、先生と相談し、痛み止めの注射をしながら(2,3週間持続ととのことなのでステロイドでしょうか)、サプリメント(ミサトールGV)を試してみています。
か月ほど良い状態だったので、効いてきたのかと思っていたのですが先週からまた痛がりはじめ、受診したところ、効き始めたのだろうと言われ、また注射を打たれました。
痛がって食べられないのはどうにかしたやりたいけれど、3度目の抜歯は後が心配、ステロイドで痛みを取り除いて様子を見るしかないのか・・・と悶々としています。
良いアドバイスをいただけると幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

や はり一番の解決策は抜歯になりますが、抜歯後あまりに痛みが強く出るのであれば、お薬で抑える方法しかありません。
痛み止めにはステロイドと非ステロイド(NSAIDS)がありますので、非ステロイドを使ってもいいかもしれません(効果はステロイドの方が高いです)

おそらく痛みに関しては口内炎あるいは吸収性病巣があるのであればそれ自体が痛みの原因になっていると思いますが、長期的に考えた場合は抜歯の方がいいことは多いです。
お薬で痛みを抑えた場合は、痛みが再発することは多いですので。
口内炎の治療には他に赤外線や抗生剤、サプリメント等もありますが、どれも効果はマイルドですので、おそらく激しい痛みがある場合にはあまり効果が期待できない場合が多いですし、エイズを持っている子の場合はなかなか口内炎のコントロールとしてはそれらの方法では不十分である場合が多いです。

やはり痛みどめか抜歯のどちらかの選択肢になるかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答、どうもありがとうございました。

ステロイド注射の場合、普通はどのくらい鎮痛作用が続くのでしょうか?

また、どんな副作用があるのでしょうか?

痛み止めとサプリメントで様子をみながら、次の抜歯も考えていこうと思います。

ちなみに先生が口内炎関係のサプリメントでお勧めのものがありましたら是非教えてください。

診てもらっている先生とも相談しながら、使ってみようと思います。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ステロイドの作用時間に関しては、長時間型作用型では約2週間、通常のものでは1日くらいと言われています。
ただし、一度炎症が収まってくれると薬がきいていなくてもある程度痛みが収まっていることも多く、通常のものでもそれで数日落ち着くこともあります。

ステロイドの副作用はかなりいろいろありますが、短期的に使う場合は多飲多尿くらいです。
長期(一週間以上)になってくると糖尿病を起こしやすくなったり、胃腸の荒れ、皮膚が薄くなる、感染症を起こしやすくなるなど副作用が出ることもあります。
ただし、低用量や間隔を開けることで副作用のリスクはかなり減らせます。

サプリメントに関しては正直なところどれが効果があると確実に言えるものはないですが、免疫を高めるよなもの(ラクトフェリンやセラプトなど)はある程度効果が期待できるのではないかとは思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
他に聞きたいことはありますか?

猫 についての関連する質問