JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5404
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

6日前から飼い猫のムウ(一年3か月)が目元から白い膜のようなものが、出てきて黒目が目の右上の方になってしまい、動物病

解決済みの質問:

6日前から飼い猫のムウ(一年3か月)が目元から白い膜のようなものが、出てきて黒目が目の右上の方になってしまい、動物病院の先生は、自律神経が原因ですといいましたが、目薬を注文し2~3日位に取りに行きますが何が原因かわかりません。
動物病院の先生は、目薬を点けても治るかどうか分からないとの事ですが、取りあえず、目薬を差してみようかなと思いますが、半信半疑で心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし短い文章からの推測です。適切なアドバイスが出来ない場合もあることをご承知ください。追加の 質問や情報があれば書き込みをお願いします。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

両目から白い膜が出ていますか?

頭が傾いたりしていませんか?

外に出ていますか?

喧嘩したりしますか?

猫同士の感染をふせぐ混合ワクチンは毎年接種していますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

両目から出ています。頭は傾いていません。外に出ています。

喧嘩をする前に逃げているようです。(たぶん)

ワクチンはしていません。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
担当の先生が言うように神経の病気である可能性が高いでしょう。

ホルネル(ホーナー)症候群という病気がありますが
一部の症状がこれに当てはまります。

脳から胸部にかけてこの症状と関連する神経が走っていて
その何処かが障害されるとこの症状が出ます。

①外傷によるもの
②細菌感染などによる炎症で脳炎や胸 部に炎症を起こしている。
③腫瘍が脳や胸部に出来ている。
④中耳炎、内耳炎
⑤猫伝染性腹膜炎(FIP)が原因で脳炎を起こしている
⑥原因不明

があります。
選択肢としては
①抗生剤やステロイドを使用して反応をみる

②MRI検査を検討する

があります。
積極的にいかないのであれば①で様子をみることになるでしょう。
積極的に考えるならMRI検査で脳や頚部、胸部の検査をしてみるのがベターです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

先生の回答で外傷性とありましたが、思い当たるふしが・・・猫の出入り口を網戸の部分に設置しており、サッシが閉まっているのにもかかわわず、突進してきたことが、数回有りました。

これも原因ですかね?また外傷性の場合数日で回復しますでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
改善するかどうかは程度によります。
外側に傷口がないなら外傷である可能性は低いと思いますが
よほどにダメージが無いと外傷性には経験上はなりません。
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問