JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

背中に出来た扁平上皮がんを先日切除しました CTと病理検査の結果、内臓に転移が見られました 14歳と高齢

質問者の質問

背中に出来た扁平上皮がんを先日切除しました

CTと病理検査の結果、内臓に転移が見られました

14歳と高齢なこと
大学病院まで遠方であること
放射線治療は毎回、全身麻酔を有するとのこと

などから内臓の手術は見送ろうと考えています

サプリメントの投与が唯一の延命措置でしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうござい ます。

扁平上皮がんにはあまり有効な抗がん剤がないため、現実的には手術や放射線の選択をしないのであれば、効果がかなり期待できる治療方法はないのが現実です。

サプリメントに関しては、現在の所、明確なエビデンス(効果があるというデータ)がないというのが事実ですが、効果があるという報告もありますし、サプリメントにはリスクはほとんどないため、試されるのはいいでしょう。
それ以外に、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)といわれるお薬は、腫瘍が出す炎症物質を抑えたり、腫瘍へ栄養供給する血管の造成を抑えることで、腫瘍の成長を遅くさせる効果があるといわれており、扁平上皮がんのような上皮系腫瘍には使用することがあります。
抗がん剤ではないので、強い副作用はありませんが、腎臓や肝臓の数値が高い子の場合には使用に注意が必要です。
また胃腸が弱い子の場合には嘔吐などが出ることがあります。
使いながら副作用が出ないかチェックする必要はあるでしょう。

猫 についての関連する質問