JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

14歳のアメリカンショートヘアです。 最近食欲がなく、みみの内側が薄いピンクだったのに黄色がかっています。 白眼

解決済みの質問:

14歳のアメリカンショートヘアです。
最近食欲がなく、みみの内側が薄いピンクだったのに黄色がかっています。
白眼は黄色くありません。
病院に連れて行った方がよいでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

耳の内側が黄色がかっているのはやはり黄疸だと思います。
横断の際に、白目が黄色くなる前に、皮膚の血管が透けるような薄い部位が黄色くなるということはよくあることですので。

黄疸の原因には肝臓の異常と赤血球の異常があります。

肝臓が原因である場合は、肝炎、胆管炎、膵炎、肝線維症、肝硬変、胆管閉塞、肝臓腫瘍などがあります。
血液検査と超音波検査でだいたい診断がつきます。

赤血球の異常の場合は、自己免疫性溶血性貧血などにより血液が壊されて貧血を起こす病気の時に、黄疸がでてくることがあります。
ただし、この場合はかなり状態が悪くなることが多いので、文面の状態からすると、肝臓性の横断の可能性の方が高いかと思います。


腫瘍であれば手術が必要になることが多いですが、肝臓自体は再生能力の高い臓器ですので、急性肝炎や胆管炎などでは適切な治療でよくなってくれることも多いです。
ですので、できるだけ早く病院で見てもらうことでよくなってくれる可能性は高くなりますので、早めの受診をお勧めします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問