JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして、子猫の件で質問です。 子猫半年くらい?の男の子で、捨て猫を拾いました。 最近去勢手術&ノミ

解決済みの質問:

はじめまして、子猫の件で質問です。

子猫半年くらい?の男の子で、 捨て猫を拾いました。

最近去勢手術&ノミ、ダニの注射、お腹に虫がいたみたいでその処置をして頂きました。
まだ抜糸はしていません。

その後に最近左目から茶色い涙が出てきます、熱も40度有ります。

近くの病院で診てもらったら、感染症の疑いがあるそうで、粉状の抗生剤&目薬を頂きました。

ご飯は食べますが、以前より少なめです、水分補給も少なくなっています。

下痢は治っていましたが、また下痢をするようになりました。
日に日に弱っていく感じがします、体?か後ろ脚に力が入っていない感じがします。

たまに尻もちなど付きますので・・・

病院の先生に聞いても詳しい事は教えてくれません。
こんな状態で治るのでしょうか?
また、治療法などは適切なのでしょうか?

お忙しい中お手数ですが、よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに茶色い目やには感染症(いわゆる猫風邪といわれるウィルス感染症)の可能性が高いかと思います。
これは体力が弱ったときなどにひどくなることがあり、手術後に体力が落ちてひどくなってしまった可能性があるかと思います。

熱もおそらくそこからきていると 思いますが、通常の猫風邪では鼻炎や結膜炎症状くらいで治まっていることが多いので、もし熱が出ているとなるとそこから肺炎などの全身的な感染症に移行している可能性があります。
もしくはもともと捨て猫ちゃんだということですので、猫エイズや白血病などのウィルス感染症をもともと持っておりそれらが発症している可能性もあります。

まずはしっかり検査(特に血液検査やレントゲン、ウィルス検査)をしてもらい、今のお熱が何で出ているかをしっかり調べてもらい、それに対する治療をする必要があります。
体力が落ちていると、免疫力が落ちて感染症などが治りづらくなるので、場合によっては入院治療が必要になることもあります。

このまま万全と治療をしていてもよくなってくれる可能性は低く徐々に悪化していき、手の施しようがなくなってしまう可能性がありますので、できるだけはやく積極的な検査、治療をする必要があります。
もし今の病院でそういうことをしてくれないのであれば、セカンドオピニオンを聞きに他の病院に行った方がいいかと思います。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
後ろ足に力が入らないのは、お熱あるいは低血糖による体力の低下かと思われます。
脳の異常などの可能性もありますが、それを検査するためには麻酔をかけたMRI検査などが必要がありますので、まずは体力の低下の方の改善が優先になります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
回答が普通でした。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
回答が普通というのは予想できる範囲でしたということでしょうか?

体温測定のみでは何もわかりません。人の医療でも同じですが、文面だけで疾患名を上げることは不可能です。
しっかりした検査が必要でしょう。

考えられる原因は
1.感染症
 ウィルス 感染:ヘルペスやカリシなどの猫風邪ウィルスの悪化、肺炎への移行
  パルボウィルス感染症による下痢、発熱、体力低下、免疫力低下(白血球減少症)
  エイズ、白血病ウィルスの発症による免疫の低下、発熱
  伝染性腹膜炎ウィルス(FIP)による脳炎など
 細菌感染:体力低下による肺炎など
 寄生虫感染:回虫やジアルジアなどの原虫
  薬を飲ませられたということですが、回虫と原虫のお薬は異なります。
  基本的にこれらの寄生虫ではそこまで調子を崩すことはありませんが、他の病気と併   発している可能性はあります。
  その他トキソプラズマによる脳炎

2.先天疾患
 水頭症によるふらつき、体力低下
 門脈大動脈シャントにともなう老廃物の体内への貯留
 先天性心疾患:心臓奇形に伴う全身状態の悪化、血圧低下

3.その他内臓の疾患
 肝炎、膵炎、十二指腸炎など


かなり色々考えられますが、症状のみからどれということはできません。
経過と症状から一番は感染症を疑いますが、どの感染症があるかはレントゲン、血液検査、ウィルス検査をしないとわかりません。
現時点で迷っていても、よくなってくれるというより悪化していくだけだと思います。
まずはしっかりした検査により原因を探り、それに適した治療をしてもらうべきだと考えます。
今の治療は漫然とした細菌感染の治療になってしまっていますので、原因が細菌感染以外にある場合、細菌感染でもその抗生剤に体制のある細菌である場合、あるいは薬が効いていても体力が落ちている状態ではよくはなってくれませんので。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問