JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

三歳の男の子です。二日ほど前から血尿があり病院に連れって行ったところ、泌尿器症候群と診断され即入院 尿道にカテーテル

解決済みの質問:

三歳の男の子です。二日ほど前から血尿があり病院に連れって行ったところ、泌尿器症候群と診断され即入院 尿道にカテーテルを入れての治療と説明されました。
死に至ることも多々あると聞かされ不安でありません、そんなに短期間で腎臓に損傷が出るのでしょうか? 回答をお待ちしております。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

単なる膀胱炎による血尿であればそれほど心配することはありませんが、尿路閉塞に伴う血尿であれば、完全に閉塞して尿が出なければ一日で命の危険 が出てくることがあります。
下部泌尿器症候群というのは、少し広い意味での名称で、尿路閉塞であるのか膀胱炎であるのかによって治療方法も変わってきます。

もし尿道閉塞の場合は確かに尿道にカテーテルを入れて、しばらくの間、尿が詰まらないようにする必要がありますし、今後も尿路閉塞を起こす危険があるので、その原因が結石であれば食事などにより管理をする必要がありますし、あまりに再発してしまう場合は、尿道の細い部分を切ってしまう尿路変更術という手術をする必要があることもあります(それほど多いわけではありませんが)。

尿路閉塞だとしても、カテーテルを入れておしっこを出せれば今の時点で命の危険があるわけではありません。
ただし、再発をした際に完全閉塞をすると1日で腎臓の数値がかなり上がって命の危険が出てくることはあります。


質問者: 返答済み 5 年 前.

病院では、カテーテル治療を施した後でも尿道が詰まり死に至る可能性もあるとのことでした。  入院期間は一週間ほどだそうです。  

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
カテーテルが入っている間に詰まってしまうということはまずないです。
カテーテルか入っている以上は尿が出る道は確保されていますので。

入院期間に関しては、尿道の状態によって変わってきます。
尿道の閉塞により尿道の炎症が強い場合は確かに尿道を休める意味で一週間程度入院が必要になることもあります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
カテーテルを抜いたらまた詰まってしまうということはあります。
そういうことが繰り返される場合は手術が必要になります。

猫 についての関連する質問