JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨日生後3か月のアメショを購入しました 今朝食事を与えたら(粉ミルクを溶かしたものとドライフードを混ぜたものです)食

解決済みの質問:

昨日生後3か月のアメシ ョを購入しました 今朝食事を与えたら(粉ミルクを溶かしたものとドライフードを混ぜたものです)食欲はあるのですが様子を見ていると小さな咳をしました)喉にひっかかったのかなとおもったら食事して5~10分してから突然大きな咳をしました 明らかに病気のような咳を感じていますが、念のために様子を見ていましたが先ほど発作のような大きな咳をしました。ペットショップでは即日お渡しできると言われましたが1週間くらいまてば獣医師さんがお渡し前の健康チェックをしてから渡すこともできると言ったのでお願いしました。でも異常はなにもないということで引き取りました これはなんの病気なんでしょうか緊急に病院に連れて行ったほうが良いのでしょうか、急に環境が変わりストレスもあると思うので悩んでいます。もう1頭猫がおりますのでストレス性のものなのでしょうか こちらに質問する前にショップに連絡をしました記録には猫風邪と書いてあったそうです。昨日の獣医さんの健康チェックでは咳の(のどかなにかを押さえて?)チエックをしたそうですが異常なしだったそうです
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

おそらく猫風邪が再発したものと思えます。
猫風邪というのは伝染性喉頭気管炎とい って喉や気管のウィルス感染症になります。
喉を押さえてのチェックは、喉頭炎があると咳が誘発されるので、喉を押さえても咳がない=喉頭炎が治まっているというチェックだったのだと思います。
環境変化で一時的に免疫機能が落ちて再発したんだと思います。

子猫ちゃんのうちは猫風邪はひどくなることがあり、そうなるとのどの痛みがかなり強くなったり、肺炎へ移行したり、鼻が詰まって匂いがかげなくて食欲を落とすなどにより、命にかかわることになるケースもあります。
今緊急状態ではないですが、悪化するとかなり厄介になりますので、今日病院に連れていけるのであれば連れて行ってもらいお薬をもらわれるといいと思います。

もう一頭の猫ちゃんはワクチンを打っていれば、感染したとしてもそれほどひどくなることはまずないですが、ワクチンを打っていないのであればできるだけ接触(直接、間接的ともに)は避けてもらった方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

解りやすくご説明下さりありがとうございます

猫風邪の再発なのですね

先天性の心臓疾患かと心配しました このような大きな病気の可能性は低いのでしょうか

アメシ+咳≒心臓疾患と関連してしまうので

とても変な不安を抱いてしまいます 

猫風邪は大きい発作のような咳が出るのが特徴なのでしょうか

 購入した猫は昨日初めてうちにきました

 一晩でこのような状態になるのですか 

それとももともと再発しかけていたのが

昨日の突然の環境の変化で悪化したのでしょうか 

まだ購入前に直接触ったら目の下が少し濡れていて

目が悪いのかとおもいました 

でも咳混んでいたのではないのかと思っています。

それから先住猫は現在2歳の男の子のアメショです

 どちらかを自由にさせるときは

ケージに1頭だけを入れてから遊ばせるようにしています 

2歳の方にもうつる可能性があるのですか

もし初期症状が出たらどのような状態になるのでしょうか

ワクチンは2歳の方は済んでいて3か月の子は3回目のワクチン待ちです

病院には今日連れて行きます

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
確かに先天性の心疾患の可能性はありますが、猫ちゃんの先天性心疾患はそれほど多い病気ではありません。
経験上子供のころの咳の95%以上はウィルス性の喉頭気管炎です。
猫風邪はどちらかとい えば鼻炎症状(くしゃみや鼻水、結膜炎)が多いですが、カリシウィルス(猫風邪を起こすウィルスはヘルペスウィルスとカリシウィルスです)の場合には、鼻炎よりも喉頭気管炎により咳をすることが多いです。
特徴的というわけではありませんが、肺炎や気管支炎と比べると、喉頭の刺激によって大きな咳をすることが多いです。

ウィルス自体は一晩でそこまで増えてしまうわけではありませんが、環境変化によるストレスで体調が悪化してウィルスの症状が強く出た(治りかけていた喉頭気管炎が悪化した)というのが、一番考えられる可能性ではないかと思います。
目が濡れていたのは猫風邪の影響の結膜炎が少し出ていたのかもしれません。


ウィルスの疾患が疑われるので、感染のリスクはあります。
猫ちゃんの猫風邪のワクチンは完全に感染を防げるものははなく、感染したときに症状が強く出ないようにするものです。
2歳であれば体力的にも免疫力的にもかなり強いですし、ワクチンを打っていられるということですので、例え感染してもそれほど強い症状は出ないと思いますが、直接的あるいは飼い主さんの体や食器などからの間接的な接触により、感染する可能性はあります。
感染のリスクをできるだけ減らすため、直接的な接触は避け、できるだけ消毒などをして間接的な接触も避けてもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問