JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

2月頃から下痢が治らず、3月に病院に行き、抗生物質を3週間くらい注射したり、抗炎剤ののみ薬やステロイド、食事もアレル

解決済みの質問:

2月頃から下痢が治らず、3月に病院に行き、抗生物質を3週間くらい注射したり、抗炎剤ののみ薬やステロイド、食事もアレルギー食にかえましたが直らずどんどん痩せました。2キロほどへりました。1日3~4回程の下痢です。そして1度下痢すると2 度3度と5分10分おきにスプーン1杯ほどずつ続けてします。
エコーやバリウムも異常なく、それでもずっと下痢便です。
今もステロイドを飲ませていますが効きません。
体重はここ一か月は減らなくなりました。機嫌はいいです。病名も解らず、医師も
病名が解らないので試験開腹したらと言いますが、下痢でそんな馬鹿なと思います。何なんでしょう。
サプリメントを試した方が良いでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報よろしいですか?

1.内視鏡検査はされていますか?
2.血液検査は特別問題ないでしょうか?
 また、甲状腺の検査はされていますか?
3.嘔吐はありませんか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

内視鏡はしていません。

血液検査は白血球が増えていると言われました。

甲状腺検査はして無いと思います。

嘔吐はないです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

内視鏡はしていません。

血液検査は白血球が増えていると言われました。

甲状腺検査はして無いと思います。

嘔吐はないです。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

僕の意見としては試験回復前にしておくべき検査が何個かあると思います。
難治性の慢性下痢で、今までの検査で引っかかってこない、治療に反応しない 可能性があるのは
1.寄生虫症
2.甲状腺機能亢進症
3.IBD(炎症性腸疾患)
4.胃腸の腫瘍(特にリンパ腫)
5.食事アレルギー
6.その他
ということになります。
ちなみに白血球に関しては基本的には炎症があることを示唆しますが、ステロイドを使った後であればその影響で上がってしまいますので、何とも言えません。

1.寄生虫症に関しては何度か検便しても検出されないような寄生虫(特に原虫など)がいることがありますので、慢性下痢で原因がわからない場合は、数週間高寄生虫薬を試験的に飲ませることもあります。

2.このホルモンの病気は代謝を高めすぎて体重減少を起こすというのが一番多い症状ですが、下痢などの消化器症状を引き起こすことも少なくありません。
血液を検査センターに出すだけで比較的簡単に検査できるので、やっておいた方がいいでしょう。

3.4.これらは内視鏡検査で診断が可能なことがほとんど(100%ではないですが)です。基本的にはステロイドなどに反応しますが、これらの病気では通常の量より高容量でないと反応しないことも多いので、内視鏡で診断がついた場合は、IBDであればステロイドを高容量で、腫瘍であれば抗がん剤とともに使うことや腫瘍の種類によっては切除が必要になるかもしれません。リンパ腫など一部の腫瘍はエコーやバリウムでわかるような腫瘤を形成しないこともあります。

5.食事アレルギーを検査で見つけ出すのはほぼ不可能ですので、これは症状や経過から疑って食事で改善した場合にこれだったということになるでしょう。
ただし、これは食事を最低でも一カ月続けないと評価できません。

6.これはほかのさまざまな病気が胃腸に影響する可能性があるので掻かせていただきました。たとえば、お腹の中に腫瘍があってそれが腸を圧迫して消化機能を落としている、心不全があって胃腸の循環不全を起こして消化機能が落ちている、猫ちゃんでは珍しい膵外分泌不全(消化酵素がでなくて消化できない病気)があるなど、可能い性はあまり高くないですが、下痢を引き起こす可能性があるので一応付け加えておきます。


長くなりましたが、回復する前の検査(しつこい検便、甲状腺機能検査、内視鏡)はやってもらっておくべきかと思います。
慢性下痢での試験回復の意味合いとしては、もちろん主流のようなものがお腹の中にあれば高いですが、そういうのがエコーやバリウムなどで見つかっていない場合はそれほど高くなく、どの検査も引っ掛からない、内視鏡が実施できない(猫ちゃんが小さすぎるあるいは内視鏡が届かない胃腸の部位の異常を見る、腸の全層検査が必要など)といった場合に適応になってきます。


質問者: 返答済み 5 年 前.

お忙しい中 早速お返事有難うございます。

内視鏡検査と言うのはどのようなものでしょうか?

大がかりな検査になるのでしょうか?

今までしてみると言わなかったのは難しいのでしょうか。

バリウム検査だけでも2万何千円もしたし、

注射も薬も毎回1万とか高額の支払いになるので、

正直 経済的にもきつくなってきております。

特別なアレルギー食に変えたため、また高額のエサ代になりここ2か月大貧乏です。

まだまだ続くのでしょうかねえ。

 

また1に関しては大丈夫と言ってましたけど、別に検便をしたわけではありません。

12年間全くの室内飼いで既製品の餌だけ食べているからそういったのでしょうか。

 

病院に行って甲状腺と内視鏡についてお話しし聞いてみましょうか。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

お忙しい中 早速お返事有難うございます。

内視鏡検査と言うのはどのようなものでしょうか?

大がかりな検査になるのでしょうか?

今までしてみると言わなかったのは難しいのでしょうか。

バリウム検査だけでも2万何千円もしたし、

注射も薬も毎回1万とか高額の支払いになるので、

正直 経済的にもきつくなってきております。

特別なアレルギー食に変えたため、また高額のエサ代になりここ2か月大貧乏です。

まだまだ続くのでしょうかねえ。

 

また1に関しては大丈夫と言ってましたけど、別に検便をしたわけではありません。

12年間全くの室内飼いで既製品の餌だけ食べているからそういったのでしょうか。

 

病院に行って甲状腺と内視鏡についてお話しし聞いてみましょうか。

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
とんでもありません。

内視鏡検査はいわゆる胃カメラで、内視鏡自体が置いてない病院も多いので、病院に置いていなければできません。
猫ちゃんの場合は全身麻酔が必要ですので、3万~5万円程度はかかってしまうと思います。
ただし、盲目的に治療するよりは最終的には安く済むのではないで しょうか。

それから検便されていないのであれば、もちろん検便が一番優先順位は高いです。
通常下痢があれば最初に検便をします。
検便は費用もほとんどかかりませんし、猫ちゃんの負担もないので、何度か行ってもらってください。
寄生虫に関しては、ずっと室内飼いでも親からもらっていたものがお歳を取ってから発症することがありますので、可能性としてはあります。

検査に関しては病院と相談してみてください

費用に関しては都会と田舎で多少違ってくるので何とも言えませんし、安ければいいというわけではありませんが、もう少し安くやってくれるところもあるかもしれません。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問