JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

猫が16歳雄猫が おしっこを大量にしてて1年ぐらい 後ろ足急に足が動かなくなりその足をよく見ると常におしつこでぬれて

質問者の質問

猫が16歳雄猫が おしっこを大量にしてて1年ぐらい 後ろ足急に足が動かなくなりその足をよく見ると常におしつこでぬれていて皮膚がそげて赤くなっている中がでているようですが どうしたらいいですか?
ほとんど動けないのでおしこもねたまましてさらに常に体中ぬれていますどうしたらいいかわからないのですが
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの 正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。
皮膚がむけてしまっているところは、何かクリームや軟膏を塗って保護してもらえるといいでしょう。動物病院で診察を受けて、適切なものを処方してもらうといいですね。クリームは皮膚の再生を促し、軟膏は尿の水分をはじく効果があります。排尿量が多いのは慢性腎臓病が原因と思われるので、治ることはないと思われますので、濡れた皮膚への対策当面の課題でしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。軟膏は病院でいかなくてももらえますか腎臓がおかしくなったときにつれていった病院ですが外に連れて行くことが不可能です。後ろ足右が完全に動かない

ようですまた泣き声がうるさく住まいがペットがだめな住まいで管理人の前をとうらないとでられないのです。 それからこの先を一般的にどうなっていきます?

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
動物病院に行かないことを前提にすると、薬局で相談してみましょう。薬成分が全く入っていない、白色ワセリンを出してくれるかもしれません。
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
申し訳ございません。途中で他のボタンを押してしまいました。
足はなぜ動かないのかは不明です。背骨の神経や足自体の神経の問題や、足に行く血管がつまってしまった のかもしれません。
腎臓がさらに悪くなって行くと、食欲がなくなり、吐くことが多くなり、痩せて行きます。最後は尿毒症になり、痙攣を起こすように、亡くなってしまいます。治せない病気ですが、食事療法や、点滴、内服薬などで、少しでも腎臓を長持ちさせることは、動物病院に行けばできます。

猫 についての関連する質問