JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

雑種猫メス5歳。 4/10に目の上にしこり状の小さな塊を発見し,かかりつけの獣医さんに行きました。腫瘍のようには感

解決済みの質問:

雑種猫メス5歳。
4/10に目の上にしこり状の小さな塊を発見し,かかりつけの獣医さんに行きました。腫瘍のようには感じられないので,抗生物質と目薬で1週間様子を見ましょうと言われ,そのようにしましたが,その後2〜3日で塊はあっというまに大きくなり,目があかなくなりました。抗生物質と目薬を変更しつつ塊部分の細胞を注射器で取って検査に出しつつ,同時進行で別の大きな獣医科大学病院を紹介してもらって,そちらに行きました。(この時出した検査の結果は「リンパ腫 の可能性が高い」ということでした)

4/23獣医科大学病院ではCTとMRI。腫瘍部分が眼球をかなり押している。血液検査は特に異常なし。転移なし。骨もとけていないのでリンパ腫と断定はできない。腫瘍の種類を特定するため腫瘍部分からもう少し大きな断片を取って検査。

(この日から今日まで,目からは血が混じったような茶色の目やに状の液体が毎日どんどん出ています。水を飲むと水も目から出てきます。白っぽい液体も出ています)

今日5/1の検査結果は「細胞が死滅していて種類の特定は不可」。もっと大幅に腫瘍部分を切り取って再検査ということになりました。
ただ,この検査でも種類が特定できない可能性はある,そうすると対処療法になるが,どうしたいですか,と聞かれました。「眼球摘出を含む腫瘍全摘出」「放射線治療などにより腫瘍が引いていく方法を模索しつつ治療」のような選択肢があるということでした。

ご相談したいのは,「決めろ」と言われても素人の私には何が最良の方法なのかがわからないので,どのように考えればいいかヒントをいただきたいということです。放射線治療以外にも何か方法があるのでしょうか。(大学病院の先生の口からは放射線治療という言葉しか出てきませんでした)
猫本人はとても怖がりで,病院に行って帰って来るとハウスに逃げ込んでしばらく出てこようとしないほどなので,出来ればストレスのなるべく少ない方法にしたいのですが。
それと,今さら言ってもしょうがないのですが,塊が小さいうちに摘出していれば何か変わったのでしょうか。どこかで何か選択を誤ったのでしょうか。
4/10以来怖い思いばかりしています。それが原因で病気になったりはしないのでしょうか。
来週の検査結果が出るまで待つことに耐えられないのでご相談させていただきました。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
私がこの子を見ていたら、眼球とともに腫瘍を全摘出するほうをおすすめすると思います。
放射線ももちろんよいとは思いますが、この子がストレスを感じやすいのであれば、毎回病院にいって、麻酔をかけて放射線治療をするよりも、一回で腫瘍や眼球をとってしまったほうがストレスも少なくてすむと思います。
腫瘍を取りさえすれば、もし再発が起きたとしてもしばらくの間は、目から汁が出たりということもなくなり、この子も楽だと思います。また、目の近くにそのようなものがあれば、どんな子でも違和感があってかいたりしてしまうはずですが、取りさえすれば、それもなくなりま す。
飼い主さんがどうしても、目は残したいと言われるならやはり、放射線しかないとは思いますが、猫ちゃんにとってはきつい選択ではないかなと思います。
目にどれだけ浸潤しているかもわかりませんし、腫瘍の大きくなるスピードからみても、早めに摘出し、それを病理に出したほうが確実ではないかとも思います。
腫瘍の一部をとっても、病理でわからないと出ることも結構ありますから、全体を見てもらうべきでしょう。

あとは、もしリンパ腫であれば、早くとったからといってあまり変わりはないと思いますが、もし初期に眼球ごと摘出していたら変わっていたかもしれません。ただ初期にそこまでする人はいないでしょう。

今出来ることは、飼い主さんがどうしたいかだと思います。
上記のことをふまえてお考えになってみてください。
他にも何かお聞きになりたいことがありましたら、聞いてくださいね。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問