JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

23日の夜から、口を開け、ゼーゼーと呼吸をしています。 25日の朝、病院に連れて行き、軽い肺炎と診断され、解熱剤、

解決済みの質問:

23日の夜から、口を開け、ゼーゼーと呼吸をしています。
25日の朝、病院に連れて行き、軽い肺炎と診断され、解熱剤、炎症止、気管支拡張などの注射と何かわかりませんが吸入の治療をうけました。帰宅後も元気がなく、水は少量飲みましたが、えさも食べず、鼻水、くしゃみがあります。
今日も同じ治療を受けました。昨日より、口も開いており、よだれが増え呼吸も体もつらそうです。

少しでも楽にしてあげる方法を教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問 ありがとうございます。

検査はレントゲンをされましたか?
血液検査などをされていますか??
猫ちゃんの場合、肺炎といっても細菌性の肺炎と喘息によって治療方法が大きく異なってきます。
ただしどちらもあまりに呼吸がつらい場合は酸素室に入って呼吸を楽にさせながら集中的に治療をする必要が出てきます。

治療をして効果が出てくるまでもう少しかかるかもしれませんが、今の状態であれば命の危険が出てきてもおかしくありません(ネコちゃんの開口呼吸はかなり危険です)
ですので、入院して集中治療をしてもらうように今の病院にいうか他の病院でセカンドオピニオンを危機にいかれた方がいいでしょう。
開口呼吸をしていればつらくて食べるどころではないと思います。
酸素室は最低でも必要になるでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問