JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5278
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

飼い猫が今年二月、麻酔をかけてCT検査をしたところ、甲状腺に良性と見られる腫瘍が見つかりました。分かったきっかけは、

解決済みの質問:

飼い猫が今年二月、麻酔をかけてCT検査をしたところ、甲状腺に良性と見られる腫瘍が見つかりました。分かったきっかけは、異常な感じに毛をなめてから突っ走る事からでした。それから何回か採血を受け、薬の成分を増やしたり、減らしたりしながら薬を飲ませています。病名は甲状腺機能亢進症です。
でも今、夜の七時半近くですが、また異常に走って、口を少し開けて、や っぱり悪い状態だなと思いました。いつもではなく、時々しかありません。かかってる病院はこの辺では一番設備が整ってるけれど、費用がかかって、心から信用できないと言う人もかなりいるという評判もあります。かわいい我が子同然のこの子を誰を信用して任せればいいのか、辛くて。薬を飲ませてもこういう症状は良くない状態でしょうか?あとは毛が少し抜けやすい症状もあり、一見そんなに痩せてもいないです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、診察をしていませ んし短い文章からの推測です。適切なアドバイスが出来ない場合もあることをご承知ください。追加の質問や情報があれば書き込みをお願いします。

甲状腺機能亢進症はコントロールが難しい病気です。
薬も強いものですし、与えて抑え込むのだけが良い訳ではありません。
バランスが大事です。

心筋症や高血圧、腎不全を高齢の猫では併発していることも多く
甲状腺はこれらの病気に影響を及ぼします。

現在の状態に納得いかないのであればセカンドオピニオンを受けても良いと
思います。こういう病気は経験豊富な先生の方が良い場合もあります。
同じように薬を与えていても上手くコントロールできることもあります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。この病気は、飼い主も猫が生きている限り気の抜けない辛い病気ですね。毎日薬を混ぜたえさを持って追いかけ回して必死に食べさせ、疲れたなと思ったりします。二年くらいで一つの薬は効かなくなると書かれたのを見たりします。やっぱり、寿命は短くなるでしょうね?熊笹のエキスを少しやったりしたこともありますが、勝手な事をしたら良くないですね?免疫力がつくかと思ったのです。えさはプリスクリプションのy・

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
y/dだけを与えないと効果はなくなります。

やはり寿命は短くなりますがうまくコントロールできるとそれなりに
長く生きられます。

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問