JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

地域猫活動をしています。避妊済みの雌の野良猫です。昨年3月ごろ直腸脱になりました。病院に連れて行こうとしましたがなか

解決済みの質問:

地域猫活動をしています。避妊済みの雌の野良猫です。昨年3 月ごろ直腸脱になりました。病院に連れて行こうとしましたがなかなか捕まらなくて、直腸脱のまま、一年がたちました。時々具合悪そうな時もありましたが、食欲もあり、元気でした。やっと捕まり、獣医さんに連れて行きました。今元気であること、手術によるリスクで死亡することもあることを考えると、手術をした方がよいかどうか、どちらともいえないということでした。腸の縫合が上手くいくかわからない、腹膜炎を起こすかもしれない、ということでしたが、危険性はどれくらいあるのでしょうか?手術の後は家に連れてきて予後を見ようと思っています。5㎝ぐらい出ているので、なんとかなれば、思うのですが、元気にしてるので、手術をしたために死んでしまうようなことになるとかえってかわいそうと思い、どうにしたらいいか迷います。どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

脱出した部分がどの程度ダメージをうけているのかは、診察をした主治医ではないとわかりません。そのダメージが大きいならば、手術のリスクも費用も大きくなるでしょう。そして、手術せず放置しておくことを選択された場合には、いずれそこから感染し、全身に細菌が回るなどして、死亡してしまうでしょう。

ダメージがすくないのであれば、手術のリスクも少し軽いでしょう。しかし、手術せず、放置した場合は、いずれそこから感染し、死亡してしまうでしょう。

 

手術するか、放置するかで、大きく違うのは、費用がかかるかかからないかです。

もし、手術をして死亡してしまった場合に、費用のことが気になるようなら、手術はしないで、自然死(感染による敗血症死)を待つしかないということになってしまうでしょう。

費用が捻出できるなら、手術の成功の可能性にかけるのがいいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
御返事ありがとうございました。費用の方は大丈夫です。ただ、今元気にしているので、手術で死ぬようなことがあると、かえってかわいそうと思いました。連れて行った獣医さんもそのように言われ、どちらが良いかわからないと言われました。直腸脱になってから1年元気にしていて、常識では考えられないと獣医さんはおっしゃいましたが、感染症等と隣り合わせということなのでしょうか?手術の危険性よりもそちらの危険性の方が高いと考えられるでしょうか?よろしくおねがいいたします。
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

主治医の先生もびっくりしているのですね。獣医師の常識では、そのような状態で、食餌を摂取し、排便も行って、ふつうに生活しているというのはやはり考えられないですね。

私は実際の患部をみていないので、常識的なはんだんしかできませんが、手術のリスクより、直腸脱の状態で、いつ感染が体内におよぶかわからない状態で今後生活していくリスクのほうがずっと大きいように思えます。

あとは手術の方法により、危険度は変わってくると思います。患部の状態ではたいへん大がかりな手術になり、一般の動物病院では手におえないかもしれません。その場合には、大学病院や高度医療機器・スタッフの揃った二次診療施設での手術ということになるかもしれません。リスクが高いと思われるので、そういう高度医療センターを紹介してもらうわけですから、その場合には、リスクや費用は大きくなるでしょう。

主治医がいわれているように、どちらが良いのか分からないというのが、正解かもしれません。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問