JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

真菌についての質問です。 現在2歳と8ヶ月の猫と暮らしています。 3匹目として3ヶ月未満の子猫を迎えようとしまし

解決済みの質問:

真菌についての質問です。
現在2歳と8ヶ月の猫と暮らしています。
3匹目として3ヶ月未満の子猫を迎えようとしましたが、その子猫がカビ菌にかかってしまい
昨日病院に行ったら、あとほんの少し菌が耳に残っている、ということでした。
(何の菌かは問い合わせ中で、おそらく真菌ではないかと思います)
見た目は、耳の毛が少し短い程度だそうで、子猫としては、痒みもないそうで元気だそ うです。
真菌については、ネットで見る範囲の知識しかありません。
家にいる2匹とも健康状態であり、2歳は大丈夫だとして、8ヶ月の子猫がいる家に
ほんのちょっと真菌が残っている状態の子猫を迎えるのはどうなんでしょうか?
健康ではありますが、1歳未満って菌が移りやすいのでしょうか?
完全隔離が望ましいのでしょうか?
真菌の治療とは、獣医さんに『もう1匹も菌がいませんよ』とお墨付きをもらうまで
病院に通うわなくてはならないのでしょうか?
ネットでは真菌は菌がしつこいとありましたが、完全にいなくなるまでどれくらいかかるのが
一般的なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

猫ちゃんに多いカビには2種類あります。
一種類は皮膚糸状菌といわれるものでもう一種類はマラセチアといわれる酵母菌です。

もし耳の中にいるのであればマラセチアですが、こちらは伝染病というよりはみんな持っていて、耳の中や皮膚の環境が悪くなると発症するものですので、子猫ちゃんが持 っていても全く問題ありません。
ほぼ100%の猫ちゃんにいる常在菌です。

一方耳タブのふちや皮膚にいて脱毛を起こす菌は糸状菌といわれ、確かにこちらは厄介になります。
8か月の子では免疫力はほぼ大人の子と変わりませんが、大人でも移ってしまう子はうつってしまいます。
糸状菌がいるのであればやはり接触は良くないでしょう。
そして、糸状菌が完全にいないと言えるようになるにはかなり時間がかかります。
僕は最低でも症状が治まって1週おきに2,3度検査をして見つからない場合にいなくなったでしょうと説明しております。

もし症状がないのであれば(糸状菌の症状は脱毛ですので、毛が短いというのは直接は関係ないと思われます)、もう少しだと思いますが、完全にいないと言えるには時間がかかると思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
他に聞きたいことはないですか?

猫 についての関連する質問