JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。 猫の最後の過ごし方のアドバイスをお願いします。 八年前保護した野良猫と暮らしています。猫エイズを

解決済みの質問:

はじめまして。
猫の最後の過ごし方のアドバイスをお願いします。
八年前保護した野良猫と 暮らしています。猫エイズを発症しており、昨日「エイズ後期」と、獣医師に言われました。検査結果、極度の貧血で、血小板がゼロでした。数日前は、感染症で発熱し、ステロイド治療をしてます。
トイレに行くのも、休みながらやっとです。今、隠れ場所を探して、たまに歩きます。押入れや箱を用意しても、納得できないようです。
子供のような存在なので、寒いのではと、夜は同じ布団で寝ています。それが猫の負担になるのか、あるいは多少寒くても、寝そべっているところでそっとしたほうが良いのでしょうか。
看取りの経験がなく、少しでも快適に過ごしてほしいと願っています。ご回答よろしくお願いします。
北海道 佐野
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

確かにエイズを発症して極度の貧血と血 小板がゼロというのはかなり末期だと思います。
エイズウィルスにより、おそらく骨髄がかなりダメージを受けて血液を作っていない状態だと思います。
ステロイドが効いてくると多少血液の産生が促されますが、かなり厳しい状態だと思います。

基本的には猫ちゃんの好きなように生活してもらうのが一番ですが、かなり弱ってくると、どれだけ寒くても、一度決めた場所から動くのがかなりつらくなり、一度動いた場所でそのまま寝てしまうことも多いです。
もし猫ちゃんが、飼い主さんと寝るのを嫌がらないのであれば、飼い主さんと寝てもらった方がいいかと思います。
布団に入れても出て行ってしまう場合は、猫ちゃんが決めて寝転がった場所を暖房や布団などで暖かくしてあげてください。
ただし、ストーブやヒーターなどで直接温めると、動けず熱中症などを起こすことがありますので、そういう局所的な温め方はしない方がいいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

とても分かりやすく、ご親切な回答ありがとうございました。

すみませんが、もう少しお尋ねします。

感染症で熱が出た場合や今の状況で、声を掛けたり、なでたり、あるいは抱いたりするのは、猫は負担になるのでしょうか(嫌がる)

実は、さきほどの回答に背中を押された気分になり、猫と昼寝をしたところ、腕にしがみついて寝てくれる甘えん坊な猫です。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
大丈夫ですよ。
嫌がることはやめておいた方がいいです。
もし何かをやって気持ちよさそうなそぶりをしてくれるのであれば、やってあげていいと思いますので、一緒に昼寝などリラックスしてくれるのであれば一緒に過ごす時間を大切にしてもらうのが一番だと思いますが、嫌がったときは好きにさせてあげてください。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問