JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

3年前に生後一ヶ月の雄、雌の兄弟猫をもらい、その一年後に迷い込んできた生後二ヶ月過ぎぐらいの雌猫の三匹を育ててます。

解決済みの質問:

3年前に生後一ヶ月の雄、雌の兄弟猫をもらい、その一年後に迷い込んできた生後二ヶ月過ぎぐらいの雌猫の三匹を育ててます。
それぞ れ、去勢と避妊、ワクチンもしております。

兄弟猫は人もものも興味深深で、人の後をついて歩いたり、二匹でおっかけっこや取っ組みの遊びをしたり、寄り添って寝たりの仲良しです。
後からの猫は少々ビクビクタイプで、人の気配がすると超特急で隠れます。家族でも時々、他人に
手渡しされると思ってかテーブルの下に隠れたりです。
去年の10月頃までは三匹とも普通に仲良くしてたのですが、突然、雌猫が小さい雌猫を攻撃的に
追っかけるようになり、小さい猫もそばに来ると警戒しうなったりするようになりました。
でも、一緒にご飯も食べるし、時々毛づくろいもし合ったりもするのですが。
考えられる原因のひとつとして、兄弟猫がいつものおっかけっこをして二階の物干し部屋へ駆け上がって行った時、突然、ものすごい喧嘩声がして、小さいのと大きい雌猫が唸ってました。
たぶん、小さい猫がびっくりしたのかなと思いました。
それ以来、大きい雌猫の攻撃が時々あり、小さいのが猫用隠れ家に逃げ込んでます。
その時、やめさせるため、大きい声や音をだすと、大きい猫がこそこそ逃げるので、いじけたら
いけないと思い、二匹一緒に抱っこするようにしてます。
問題はそのせいか、11月頃から、大きい雌猫がベッド用の篭におしっこをし始めたのです。
それまで、トイレは二個だったので、三個に増やしましたが。
篭はできるだけ抱き合って眠るように二個置いてます。
寝る篭にするので、猫がいやがる事も出来ず、漂白剤で洗って対処してます。
現場を見たときは怒ってみましたが。
時々、飾り物の鉢とか座椅子にもおしっこします。
小さい猫がもう少し大きくなったらまた変わってくるのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

やはり飼い主さんの気にしてらっしゃるようにストレスが原因である可能性が高いかと思います。

やはり少しお互いに警戒心があるせいでストレスがたまり、おしっこを玉に失敗してし まうものと思えます。

ですのでリラックス効果のあるものを使って少しでもストレスを解消してあげることが必要でしょう。

具体的には
1.フェリウェイ
 これは猫ちゃんのフェロモン剤になります。
ただし、数年前に輸入がストップしてしまい、日本では手に入らなくなってしまいました。
ですので、インターネットから通販で買うことになります。
これはリラックス効果があるのと同時に、失敗してしまう場所(篭)にかけることでかなりそこでおしっこをしてしまうのを防げますので、一番お勧めできる方法です。

2.フラワーレメディ
 こちらはメディカルハーブの一種でやっている病院は少ないですが、リラックス効果がかなりありますので、ストレス性の疾患の治療の一環に取り入れることも多いです。
やっている病院は少ないのでもしこれを希望する場合にはやっている病院を事前に調べて処方してもらう必要があります。

3.精神安定のサプリメントや薬
 サプリメントに関しては副作用はないので安心して使うことができますが、即効性は期待できません。効果に関しても、その子その子によっても異なってきます。
薬はある程度効果が出ることが多いですが、他の方法が効果がない時に最終手段として使われることをお勧めします。

まずは1を試されることをお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

フェリウェイはネットで購入し一本だけ使ってみました。

ネット上にも書かれてたように一本では効果がないのとおしっこの対象がベッドに敷いている布のため染込むので効果が薄いとの事で、できるだけ、篭にスプレーしてみたりしました

 

続行したらいいかわからずその後購入しておりませんでしたが、続けたらよろしいでしょうか。

それと、落ち着く時がくるものでしょうか。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
それであればまずは布の材質を変えてもらう方がいいかと思います。
できれば触り心地が違うものを選ぶといいと思います。
違う材質のものに変えて最初からフェリウェイをかけるのが一番効果があると思います。

やはりどうにかストレスを改善してあげないとなかなか落ち着いてこないと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

もう一度だけすみません。

 

やはり、現場を見た時でも怒ったらいけないのでしょうか。

それと、攻撃している時は何をしたらいいのでしょうか。

 

ほとんど、朝晩二回、猫篭を二つよごしている時もあります。

あきらめの境地で毎日の日課と思って片付けていますが。

 

布は今は寒いのでフリースとアクリル毛布を使っています。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
大丈夫ですよ。

粗相をしている現場であれば、怒ってはだめです。
猫ちゃんはしつけをするのは困難といわれていますので、怒っても余計にストレスを与えるだけになる可能性が高いので逆効果 になるでしょう。

喧嘩をしているときは少し怒るなり大きな声を出すのは仕方ないと思いますが、できるなら飼い主さんに怒られたとわからずにびっくりさせる方法(水鉄砲や大きな音の出るものを投げるなど)で喧嘩をやめさせるのがいいでしょう。

できる限り、キャットタワーなどを使って個々の空間を確保できるようにしてあげるといいと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中