JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

検査は済んでいるのですが、原因が分からず、 下痢で脱腸をして今回で手術が2度目で、明日抜糸するのですが、 また出

質問者の質問

検査は済んでいるのですが、原因が分からず、
下痢で脱腸をして今回で手術が2度目で、明日抜糸するのですが、
また出てしまうと思います。
おなかを切って腸を固定する方法を伺いましたが弱っている為、
全身麻酔がかけられないと言われました。
他に方法はないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
今までの手術も腸を固定する手術でしたか?

脱腸の程度がひどくなければ、お尻から注射器を入れてしばらく固定することもできます。
これは無麻酔で可能ですが、もうやられたことがありますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございます。

 

 はい、二度目の抜糸です。

 

 抜糸のあとに、また便をして力んで腸が出てきて

 

 しまいます。

  

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞 きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

回答が遅かったとのことなので代わりにお答えします。
繰り返し起こすということは慢性疾患でその原因が判別してその病気に対しての
治療を行わないと改善しないでしょう。

腸の固定は残念ながら一時的な方法です。
原因としては腫瘍、猫伝染性腹膜炎(FIP)、炎症性腸疾患(IBD)、食餌アレルギー
など様々な原因が考えられます。

注射のシリンジを使って一時的の腸を戻す、腸に対する治療を行い状態が安定した
段階で開腹して腸の一部を切開してこれを病理検査に出して原因を調べるなど
が必要です。

またできれば今の病院で改善が無いならば大学や2次診療施設を紹介してもらって
手術や検査をしてもらいましょう。

こういう施設だと麻酔科医や消化器疾患を専門に診察している獣医師が
いるので手術の必要性やリスク、治療方針についてより的確に行えるでしょう。

猫 についての関連する質問