JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

我が家の三毛猫の右目が赤くて、半分閉じているか、全く開かなかったりして心配してます。 2日前からです。 本人は、

解決済みの質問:

我が家の三毛猫の右目が赤くて、半分閉じているか、全く開かなかったりして心配してます。
2日前からです。
本人は、気になるらしく、手で掻いたり、手を使って洗ったりしてます。

前にもそのよ うなことがあり、私が消毒して拭いてあげているうちに2週間くらいで良くなりました。
でもこんなことが2-3度あるので、今回は原因と予防策を知りたいのです。
また、外猫で一日に1時間から長いときで数時間外に出ることもありますが、誰かと喧嘩してくるのか、頭に生傷を作ってくることしばしばです。
目はこの喧嘩の傷に関係あるのでしょうか?

獣医さんに連れて行ったほうが懸命でしょうか?

それともこのまま消毒しづつければ大丈夫でしょうか?

宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

消毒は目の周りに行なっているということですね。

それであれば、眼に消毒薬が入らないように慎重に行なってもらう限りは、それは継続してもらってもいいと思います。

ただし、目自体に傷があるかもしれません。その場合には、自然に治ることもありますが、治らなければ、眼の表面角膜に穴があいてしまうおそれもあります。角膜に傷がついているかどうかは、動物病院で角膜の染色をすることで分かりますので、できれば動物病院を受診してください。

また、いまは角膜に傷がなかったにしても、前足で顔をこすっているうちに、自分で角膜を傷つけてしまうこともあります。その予防には、エリザベスカラーというパラボラアンテナのようなえりまきを付けることになります。

ネコちゃんは外出することで、不治の病であるエイズ、白血病にかかったり、交通事故に遭ったりすることが多くなります。

ご家族で、室内だけで飼育できないか、ご検討いただければ、少しでも健康的に長生きできると思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
もっと質問があります。

実は、家にアルカリイオン水を作る機械があるので、その反対の水として殺菌力のある、うがいにも推薦されている「酸性水」を使って目自体とその周りを洗っています。
これは大丈夫なことですか?

それから、こちらはアメリカ、ロサンゼルスの郊外に住んでいて、近所には猫以外に、リスやあらいぐ ま、スカンクもいます。
リスは昼間もいますが、夜は外出させないのであらいぐまやスカンクのことは心配してません。

ハンティングが好きで、時々 ねずみ、鳥、とかげを捕ってきますが、それも関係あるのでしょうかね。

これだけ、外出が好きな猫を家に閉じ込めておくには至難のわざですが、家猫にする方向で検討します。
それか、朝の30分くらいなら、うちの庭くらいをうろうろして帰ってこさせることも可能です。



専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

酸性水なら眼の周囲なら拭いても安全だと思われます。しかし、眼自体を洗うのは、傷が疑われるような状況ではあまりおすすめできないと思います。もし、人の眼を洗ってもOKということなら、眼が開いているようなときには、点眼しても問題ないかもしれません。

ハンティングでの眼の負傷は十分に考えられます。先ほどお答えしたのは、日本国内でのデータに基づいています。LAでのエイズ、白血病、交通事故のリスクはこちらでは把握していないので、現地の動物病院の獣医師が、室内飼育を勧めていないなら、現状維持でいいのかもしれません。ただし、やはり、伝染病などの感染症は外出するしないを比較したら、前者のほうがリスクは高いでしょう。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問