JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

現在3歳、オスの飼い猫(元ノラで、生後1年で保護しました)についてお聞きします。 半年前から、口内の歯肉で出血

解決済みの質問:

現在3歳、オスの飼い猫(元ノラで、生後1年で保護しました)についてお聞きします。

半年前から、口内の歯肉で出血があったため病院へ通っています。
  (それまでは、尿路結石が一度と、ケンカ?でリンパが腫れ発熱したので
   通院したことが一度あります。3種混合ワクチンは接種しています)
この半年間、2週に一度病院で抗生物質の注射、毎日自宅で痛み止めの錠剤を与えています。

通っている病院はハッキリした理念を持っているようで
「歯肉炎は治りません。これは対症療法で治るまで、もしかしたら一生続きます」
「検査しても歯肉炎は完治させられない、敢えて病名を調べる必要はない」
と言われています。

ケンカで怪我したこともあるので、猫 エイズの可能性はずっと考えてきました。
調べるのが怖い気持もあるので、検査しないこと自体は構わなかったのですが
半年間つづけて注射しても、歯肉炎がよくなる気配はあまりありません。
具体的な出血はやや治まっていましたが、それでも歯茎は赤いままです。

10日ほど前に、同居猫のクシャミがうつり、歯茎から出血もしたので、それを話すと
錠剤の代わりに液体の痛み止め(メタカム0.15%)に変更して頂きました。
液体の薬剤の方が免疫力を下げないからクシャミが止まるまではこれで、と聞きました。

そこで初めて、度重なる注射や毎日の錠剤投与を少し怖く感じました。
私どもの行っている方法は果たして正しいのか、不安になっています。

画期的な両方があれば、是非お任せしてみたいですし
何か他に自宅でできることがあれば、何でもやってみたいのです。
ただしとても痛がるので、歯磨きなど異物を入れることは不可能でした。
サプリメントなどでも、猫エイズ等を前提にした、猫の体を少しでも強くできる
可能性のあるものがあれば、すぐにでも試してやりたいと思っています。

住まいは大阪市北区です。
経験の豊富なお医者様がおられましたら、少しでもアドバイス頂けますと幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていません ので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

歯肉炎の原因としては猫エイズや猫白血病などのウィルス感染、細菌感染、免疫の異常反応、歯石の問題などの複合要因です。

確かに歯肉炎は治りませんが歯が歯肉炎を悪化させている場合には歯を抜くと
改善することや薬が少なくて済むことも多いですよ。またおそらく現在使用している
薬はあまり歯に効きません。口腔内の歯周病によく効く抗生剤があるので
それを使用した方が良いでしょう。

歯が得意な病院を探してセカンドオピニオンを受けた方が良いと思います。
歯科は特殊技術が必要なので一般病院ではあまり得意でない病院の場合には
抜歯はしてくれないでしょう。

猫は今は捕食生活をしていませんので歯が無くても生活に支障はありません。

サプリメントなどで有効性が証明されているものはありません。



wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問