JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

以前、猫の眼の病気で相談をさせていただきました。 相談させていただいた翌日に動物病院へ連れて行き、 結果は「緑内障」と診断されました。 両目の眼圧を比較したところ、左眼の

解決済みの質問:

以前、猫の眼の病気で相談をさせていただきました。

相談させていただいた翌日に動物病院へ 連れて行き、
結果は「緑内障」と診断されました。
両目の眼圧を比較したところ、左眼のほうが眼圧が高く
点眼薬を処方していただき、それでも眼圧が上がり続けるようであれば
眼球摘出をしたほうがいいというお話がありました。
その後、自宅で様子をみつつ、朝晩処方された点眼薬を投与し続けました。

・処方された薬・・・「チモレード点眼液0.5%」、「オルカビット点眼液0.3%」⇒各1日2回

一週間後に、再診で病院に行ったところ、眼圧も下がっており、
前回、眼圧チェックの際に柔らかかった眼が、固くなってきていると言われ、
少なからず以前より症状が緩和されたようなお話がありました。
ただ、眼圧については下がってきているが、虹彩の部分に
炎症または腫瘍があるとお話がありました。
そのため、今まで投与していた点眼薬に、炎症を緩和するための
飲み薬を追加で処方していただき、さらに様子を見ることとなりました。
もし飲み薬で炎症が緩和されないようであれば、腫瘍の可能性があるため
また検査をすると言われました。

・処方された薬(追加)・・・VIC S 40 ⇒ 1日 1/2錠

処方された点眼薬+飲み薬を投与しつづけ、様子を見ていましたが
再診のため病院へ連れて行く2日前の朝、緑内障と診断された
左眼が開けらず、さらに涙や目やにがひどく出てきてしまいました。
たまに少し開けづらそうに眼を開けていたときに、眼を見てみると
瞬膜が常に出てきてしまっており、目がかなり濁っていることに気付きました。
食事は摂取していましたが、具合の悪いせいか
少し抱き上げる とうなったり、いつものような動き回ることがなく
心配になったため、翌日獣医へ連れて行きました。

その際、私は立ち会えずに、結果を聞いただけですが、
角膜が落ちているという話だったようで、新たに飲み薬が追加され、
今までの点眼薬、及び飲み薬は継続して投与してください。
との指示がありました。

継続して薬を投与していましたが、新たに追加された薬がまずいのか
微量ですが泡を吹いてしまいます。

・処方された薬(追加)・・・プレドニン 5mg ⇒ 1日1錠

明日、同じ獣医に連れていく予定です。
しかし、言い方は悪いのですが、今までに無かった眼が
濁るという症状が、一度は緩和はされたようですが、
飲み薬を投与してからというもの、症状が悪化しているようにも
思えたため、同じ獣医に連れて行くべきものか、判断が出来ずに悩んでおります。

症状が悪化しているのは、薬の影響ではないのでしょうか。
診察途中のため、あまり病院を変えたくはありませんが、
病院は変えて、新たに診察してもらったほうがいいのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
もう少し情報よろしいでしょうか?

1.<眼圧も下がっており、
前回、眼圧チェックの際に柔らかかった眼が、固くなってきていると言われ、
この部分ですが、通常は眼圧が下がってくると、眼の硬さが少し柔らかくなりますので、少し矛盾がありますが、これで合っていますか?

2.目の濁りは角膜の濁りですか?それと眼球内の濁りでしょうか?どちらと診断されたのでしょう?

3.現在かかられている病院は眼科専門もしくは眼科の特異な先生がやられている病院でしょうか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
1.<眼圧も下がっており、
前回、眼圧チェックの際に柔らかかった眼が、固くなってきていると言われ、
この部分ですが、通常は眼圧が下がってくると、眼の硬さが少し柔らかくなりますので、少し矛盾がありますが、これで合っていますか?

⇒はい。
 眼圧を測られた獣医さんが、眼圧が前より下がってると言っていました。
 眼の硬さについても、以前眼圧を測ったときよりも硬くなっている。
 と仰っていました。(2度とも、同じ獣医さんが眼圧を測定されました。)
 
2.目の濁りは角膜の濁りですか?それと眼球内の濁りでしょうか?どちらと診断されたのでしょう?

 ⇒申し訳ありません。
  病院へ連れて行った家族に、再度確認したところ、
  角膜ではなく、眼球 内の何かが「落ちている」と言われたそうです。
  この症状については、手術は出来ないため、投薬しか方法がないと
  言われたそうです。
  濁りについては、私が個人的に濁っていると感じています。
  肝心な部分が分からず、申し訳ありません。


3.現在かかられている病院は眼科専門もしくは眼科の特異な先生がやられている病院でしょうか?

 ⇒眼科専門は謳っていないため、眼科専門ではないようです。
  ただ、病院のHPを見たところ、眼球突出した猫の眼球摘出手術をして
  成功したと記載されており、病院へ行った際も、緑内障でレーザー手術を
  された経験があるとお聞きしました。
  レーザー治療は、いまいちよくないと言われたので、もし手術するのなら
  眼球摘出をしたほうが良いともすすめられました。
  
 
情報が少なくて申し訳ありません。
よろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。

申し訳ありませんが、今の情報で今の治療法がいいのか悪いのか判断するのは難 しいですが、根本的には間違っていないかと思います。

Vic S 40は抗生剤ですので、それが原因で目が濁ったり動きが悪くなったりする可能性は低いかと思います。
また、プレドニンは苦いので嫌がって泡を吹いてしまうことが多いのも事実です。

緑内障では眼圧を下げる点眼(チモレード)が基本ですが、その原因やそれが原因で眼の奥に炎症があったりおこったりする場合は抗生剤や抗炎症剤を使いますし、それでも眼圧がコントロールできない場合、腫瘍が疑われる場合は眼球摘出が一番の治療方法になってきます。

おそらく、病院は変えずにもう少し通院されてもいいと思いますし、もし、眼科の専門に通えるのであれば、そこに行かれる方がベストの治療をしてもらえるかとは思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫を長時間移動させることも困難な状況なので、
一旦は、今まで通っていた病院へ通院させたいと思います。

ありがとうございました。

猫 についての関連する質問