JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

2ヶ月程前から我が家に来るようになった野良猫です。 推定8歳の雌です。 今は、外猫状態で、気が向くと家の中に入っ

質問者の質問

2ヶ月程前から我が家に来るようになった野良猫です。
推定8歳の雌です。
今は、外猫状態で、気が向くと家の中に入って来る感じです。
我が家に来始めた頃から、右後ろ脚の関節の内側あたりに傷がありました。
痛がる様子はなく、普通に歩いてはいましたが、自分で舐めたり噛んだりするのか、時折血が滲む事があり、広がって来たので近所の獣医さんに診ていただき、オトマックスという塗り薬を処方し て頂き、1日1回塗布しています。
傷は良くなって来ているのか、白っぽく乾いて来て、痒みがなくなったからか、頻繁に舐める事はなくなりました。
ですが、傷の部分の皮膚が、白い粒状に隆起して、一箇所はこぶの様に膨らんでいます。

気になるのですが、前に獣医さんに連れて行った時のパニックが酷く、その後も何日か怯える様になり、再度連れて行くのは難しい状態です。
傷によるもので、薬の塗布で治るものか、別の原因があるのか、心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

Otomaxは抗炎症(ステロイド)、抗生剤、抗真菌薬が入った塗り薬であり、おそらく抗炎症作用がうまく機能して痒みがなくなったものと思えます。

ただし「白い粒状に隆起」というのがなかなか文章だけでは判断するのが困難です。
もしできれば写真を載せてもらうことはできますか?
何枚か写真をつけていただけると少し判断の助けになります。

もし無理であればその旨返信していただけると、文面から考えられる可能性をあげさせていただきます。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

graphic

薬を塗布する前に撮った画像なので、まだ血の滲みがありますが、現在はありません。

左側の大きな傷の方が、粒状の隆起、右側の小さな傷、少し影になっている所が、瘤状になっています。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
写真ありがとうございます。

かなり大きな傷でしたね。

現在粒状の隆起や瘤状になっている原因は大きく分ける
・炎症後の肉芽(慢性的に炎症 があったり大きな傷があったりするとその部分が正常の皮膚に戻らず結合組織などが増えてしまい、少し膨らんだりしてしまうことがあります)
・もともと腫瘍があり、それが感染を起こして傷になったもののため、傷が治っても腫瘍が残って粒状や瘤になっている

というどちらかの可能性があります。
どちらもお薬で治る可能性は低いですが、前者であれば粒粒や瘤があっても特別問題はありません。
後者であればどんどん大きくなってしまったり、他に転移をして命にかかわることがあります。

ですので、もし傷が治ってきているのであればそのままもう少し様子を見つつ、瘤や粒が大きくなってくる場合は、やはり大変かとは思いますが、病院へ行って検査をしてもらう方法を撮られるのが一番でしょう。

文面から言えることは以上になりますので、大きさが大きくならないかどうかはしっかり見てあげてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧な回答ありがとうございます。

 

大きさ(広さ)は最初の頃よりは多少広がったのですが、瘤状の部分が気づいた当初より大きくなっています。

また、最近気づいたのですが、左後ろ脚の関節部分もハゲています。

特に凹凸はないですし、年齢もそれなりなので、座り胼胝のようなものかもしれませんが・・・

 

傷や瘤を触っても、特に痛がる様子はないのですが、肉芽や腫瘤、どちらも痛みはないものでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
瘤状の部分が大きくなるというのはあまりいい傾向ではありません。
腫瘍の可能性もあると考えてもらった方がいいと思います。

他の部分のはげについてはおそらく今回の件とは関係ないと思います。
たとえ逆の足のものが腫瘍だったとしても もう片方の足に皮膚転移するということは診たことがありませんので。
凸凹もしていないのであればたしかに座り胼胝の可能性が高いと思いますので、こちらは心配しなくていいでしょう。

それから痛みに関しては肉芽、腫瘍ともありません。
急性の炎症がある場合は痛みを伴いますが、そうでないものは痛みはありません。

やはりあまりに大きくなりすぎる前に検査して腫瘍が疑われる場合には手術が必要になるでしょう。
場所的にあまり皮膚に余裕がない場所ですので、大きくなりすぎると切除困難になる可能性もあります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
大変納得のできる回答、ありがとうございました。
なかなか見せてくれる事がないのですが、何とか瘤の大きさを確認して、これ以上大きくなる様であれば病院に連れて行こうと思います。
ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
承諾、ボーナスありがとうございます。

そうされることをお勧めします。

腫瘍でないことをお祈りしています。

猫 についての関連する質問