JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

現在、生後約5ヶ月になるメス猫(雑種・日本猫)の避妊手術を4月中旬に控えています。 ワクチンは今年1月、2月に打っ

解決済みの質問:

現在、生後約5ヶ月になるメス猫(雑種・日本猫)の避妊手術を4月中旬に控えていま す。
ワクチンは今年1月、2月に打っています。

かかりつけの動物病院では、大体の猫が生後6ヶ月くらい(発情期になる直前)に避妊手術をするということです。発情すると鳴き声が近所迷惑になるということで、その時期を選ぶ人が多いそうです。

ただ、近所迷惑ということよりも、猫の健康を第一に考えたいので、時期が早過ぎて発育に問題が起こるのではないかと心配しています。

ネット上の色々な情報を調べてみると、できるだけ早い方が猫の身体に負担がかからないといわれているものもありましたが、逆に、生後8ヶ月〜1年くらいになって、しっかり生長してから手術をした方がよいということはないのでしょうか?

わが家にいるオス猫(10歳)で、去勢手術後に体調が崩れて元に戻らない猫がいるので、非常に心配です。

様々な可能性について知っておきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

去勢手術の時期に関しては様々な意見がありますが、さまざまな報告と僕の経験から約半年くらいで行うのがいいのではないかと思います。
僕は今まで計6年動物病院で働いてきて毎日1~2件の避妊手術(猫ちゃんではおそらく週4.5件はやっていると思います)の去勢手術をしてき ましたが、術前検診をしっかりやっていますので、手術で体調を崩して戻らないという子はみたことがありません。
もちろん、術後少し食欲を落としたり、術後の薬で吐いてしまう子はいますが、一時的なもので、数日もあれば普通に戻ります。
全身麻酔は100%安全なものではないとは言われていますが、健康な子で、術前検査をしっかりして、しっかりした麻酔モニターと麻酔を使えば、かなり100%に近いくらいには持っていけると思います。

最近、早期避妊を進めている病院では3ヶ月齢程度で去勢手術をされるところもあるようで、安全性は変わらないとは言われていますが、6ヶ月齢まで待つデメリットもほとんどありませんし(一部の猫ちゃんでは発情が6カ月より少し前に来る子もいますが)、僕はやはり昔からよくやられている6ヶ月齢程度というのは妥当なところだと考えています。

1年まで待つと今度はほとんどの子で発情が来てしまうので、発情の癖が避妊後も残ってしまう子もいますし、乳腺腫瘍の発生頻度にもかかわってきてしまう可能性があります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
少し追加です。
しっかり麻酔管理を行ってくれる病院というのは大切です。
手術実績が多い病院(大きめの病院や患者さんの多い病院)に行かれることをお勧めします。

猫 についての関連する質問